グローバルルームの通信対戦ルールはシングル、ダブルの2択だけ?

通信対戦ルールはシングル、ダブルの2択だけでしょう。今のところは他にありません。

ただし、今後のアップデートで遊べる内容が幅広くなるかと思います。
通信対戦において、シングルもダブルもお互い同意の上、細かいルール設定をできます。
しかし、テンプレとなるルールはこれでしょう。
その1:レベルは50のフラットルール
注意:レベル1またはレベル2、レベル49を意図的に使用できる場合もあります。この場合は、レベル50以上はレベル50、レベル50未満はそのレベルになるでしょう。
その2:同一ポケモンの使用禁止
事例:ウォッシュロトムとヒートロトムを同一パーティで組めない。
その3:同一の持ち物の持ち込み禁止
事例:グライオンとキノガッサの両者に毒毒玉を持たせてはいけない。
その4:3-6体のパーティーから必ず3体を選出する。
この場合は、先発のポケモンを決めて後は控えのポケモンを決めるだけです。
以上がテンプレとなるルールです。

スポンサーリンク

他にはない?

ただし、お互い同意の上であれば、その1からその2をアレンジしたルールは可能です。

その1のアレンジ:レベルを1の状態でバトルし、特定の技が使用禁止。
レベル100のみのバトルやお互いの現時点でのレベルでバトルも可能ですが、昨今のオンラインの環境ではこれらルールで遊ばれることはほとんどないでしょう。
これができたとしても近くまたは遠くの友達と話し合いをした上でとなります。
その2のアレンジ:同一ポケモンの使用可
ロトムのように複数のフォルムを持つポケモンであればある程度のメリットはありますが、通常は同じポケモンを複数使用するメリットは薄いため無計画に使用するとただのネタパーティとなります。とはいえ、お互い同意の上で使用しましょう。
その3のアレンジ:同一の持ち物の持ち込み可
持ち物の重複不可は対戦において大事な情報戦ですが、これがなくなることでまたスリリングなバトルとなります。お互い同意の上で使用しましょう。
その4のアレンジ:選出体数を特に決めない。
その2やその3に比べるとルールを事前に定めないと非常に揉めやすくなります。お互い同意の上で選出体数を決めるのが通信マナーであり、モラルのある遊び方かと思います。

ダイパリメイク(BDSP)のよく読まれている記事

ダイパリメイク(BDSP)のその他の記事はこちら