「よいお年を」の敬語はある?

「よいお年を」には敬語があります。

それは「よいお年をお迎えください。」です。

本来はこの言い方で利用されていたのですが、徐々に短縮されていきました。

例えば、若者言葉で「明けましておめでとう」が「あけおめ」になったようなものかもしれません。

やはり短縮した言葉よりも、最後まで言い切った言い方の方が警護らしいといえるでしょう。

また、「良いお年を」の違った言い回しを使った敬語もあります。

それは「来年もよろしくお願いいたします。」です。

これは完全に一致した言葉ではありませんが、強引に敬語をつけるよりも言い回しを変えて敬語にするというケースになります。

このように「良いお年を」一つとっても、ストレートに最後まで言い切ることで敬語になる場合と、言い回しを工夫して敬語にする場合の2つがあるのです。

スポンサーリンク

目上の人への使い方や表現は?

先ほど紹介した「よいお年を」は目上の人への使い方や表現があります。

これは先ほど紹介した敬語がその役割を果たします。

上司や目上の方に伝える際にはしっかりと「お迎えください」まで伝えることが重要です。

また、強いて言えばタイミングも重要です。

12月中頃から大晦日の前日までに使用する言葉であり、仮に31日ギリギリまで業務に当たっている業種では12月31日に使うのは厳密には不適切になります。

もともと「良いお年をお迎えください。」というのは、「大みそかまでの準備が大変ですが、年末年始を無事にお迎えください」という意味があるのです。

そのため、大晦日になって「良いお年を」と言うのは間違いなのです。

この場合は、先ほども紹介した「来年もよろしくお願いいたします。」が最適になります。

言葉は変化するので、このルールもあいまいになっていく可能性がありますが、使い分けたいものです。

もし大みそかに敬語で良いお年を、と告げたい場合はこういった使いまわしで工夫するようにしましょう。