『鎌倉殿の13人』でカメラスタッフが画面に映り込む放送事故!謝罪と修正対応に。

2022年1月9日より放送が開始されましたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』ですが、3月13日(第10回)の放送回にてスタッフの映り込みがあったとして、話題になっています。

今回の放送事故に対してのNHKの対応など詳しい情報をまとめましたのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

『鎌倉殿の13人』にてスタッフの映り込み?!

『鎌倉殿の13人』3月13日(第10回)の放送回「根拠なき自信」にて、スタッフの映り込みがあったとして、視聴者の方からの指摘があったようです。

Twitterに映り込みのあったシーンの画像がありましたのでご紹介いたします。

引用:Twitter

確かに、マスクをしたカメラマンらしき方が映りこんでしまっていますね.........。

マスクも白なので、目立ってしまったのかもしれませんね。

NHKの対応は?

今回のスタッフの映り込みに対してNHKは、謝罪と3月19日の再放送には修正するといった対応をしているようです。

以下が公式Twitterより発表されました。

引用:Twitter

SNSの反応は?

今回の『鎌倉殿の13人』の映り込みに対して多くの声がTwitterに寄せられていましたので、ご紹介いたします。

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

以上がTwitterに投稿された声の一部です。

一番多く見受けられ意見は、「見つけた人がすごい!」「一瞬すぎてわからなかった」などでした。

確かに、映り込みのシーンは馬が駆けているシーンを流れるように映された場面だったので、マスクをしたスタッフが見えるのは一瞬で、さらに、背景なので、ピントもぶれているように感じます。見つけた人は本当にすごいですよね!

 

『鎌倉殿の13人』スタッフの映り込みで放送事故のまとめ

今回の放送事故に対しNHKは謝罪をしていましたが、実際に当時3月13日の放送回を観ていましたか?そして映り込みに気が付きましたか?

Twitterの投稿の中には、「録画して観直したが、わからなかった」といった声も聞こえてきました。

なかなか観れるものでもないので、再放送で修正されてしまうのは、少し悲しい気持ちになりますよね。