パズドラ 山本PがまたTwitterで何かした?ツイートが削除されている?


暇つぶしにと皆さん通勤途中や休み時間に利用するスマホゲーム、無課金でも十分楽しめるのってなかなか無いものです。

いつの間にかどんどんお金が飛んで行って、思った以上の金額に青くなったことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

「パズル&ドラゴン」・略してパズドラならば大丈夫、ダンジョン攻略にはスタミナが必要ですが時間を置くことで回復してくれますから次の休み時間にはまた同じように遊べるのです。

「エヴァンゲリオン」に「太鼓の達人」「カピバラさん」などコラボダンジョンもあって、モンスターも可愛いし、ニノのCMの影響もあるのかどんどん利用者が増えていく一方です。

大人気のこのゲームを企画段階から手掛けたのが山本大介プロデューサー、すごい方なんです。

ですがゲーム作りの才能と社会人としてどうかは別、山本Pは今Twitterでまた何かやらかしているようです。

そもそもはTwitterでのダックス氏からの「運営としてのプライドは無いのか」といった爆弾発言から始まります。

「キャラクターを紹介するもユーザーからの不具合の指摘が入り修正、この繰り返しにうんざりした・実は運営側としてもこの流れを狙っているのでは」といった内容でした。

それに対し山本Pは、「ネタになると思ってやっていた実装前のキャラ発表を辞めときます」とコメント、更にはダックスとの一連のコメントを「不快に思われる方が多いようだから」と削除してしまったのです。

一人のフォロワーのアドバイスにムキになってしまっている様子が伝わってきて、しかもキャラ発表がどうとか問題をまったく理解していないコメントにSNSが炎上してしまったというのが真相のようです。

その後ダックスは「言葉を選んで発言すべきだった」と反省コメントを入れるも、今もブロックしたままです。

お山の大将っぷりはプーチンと一緒、なんて辛辣な意見も出てきています。