小室圭さんは春の試験に受かった?


報道番組を見ると、今はウクライナ情勢についてばかりです。

しかしながら、昨年に何かと世間を騒がせたのは小室圭さんと眞子さんの話題でしたね。

2017年に婚約内定会見を開くも、小室さんの母親の金銭トラブルにより延期となります。

そして米国にて弁護士資格を取得しようと2018年には小室さんは渡米するのです。

ロースクールで3年間学びようやく結婚が決まったのが昨年のことだったからです。

皇籍を離脱した眞子様、小室さんがアメリカの司法試験に合格していればよかったものの残念ながら不合格に終わりました。

眞子さんが一般人となったこともあり加熱していた小室圭関連のニュースは終息に向かったので、二人はどうなったのかその後が気になっている方もたくさんいるのではないでしょうか。

司法試験はたった1度しか受けられないわけではなし、今年も2月末にNY州にて試験はありましたから普通ならばまた挑戦しているはずです。

昨年度の落第後、小室圭の留学を後押しした奥野総合法律事務所所長の奥野氏関係者の談によると奥野氏は今後もバックアップを続けると言っていたそうなのです。

合格発表は4月終わりから5月始めの時期だとか、報道協定が日本総領事館・マスコミに対しあるので結局は分からないままに終わってしまうかもしれません。

あれこれあり世間を騒がせたお二人ですが、眞子様が眞子さんになった以上は一般人の合否がどうなったのかなんてプライベートな情報はそっとして置かれても当然です。

ただ総領事館の仕切りによって定期的な代表取材の場は設けられているみたいで、そこで発表がされる可能性も十分にあります。

NY近郊にある試験会場では小室氏の姿は目撃されなかったよう、だからこそすでに受験しなかった説もSNSでは飛び交っています。

合格か不合格か、発表があるかどうか、5月頃までは静観しておくしかなさそうです。