2019M-1グランプリ準決勝に出場して以来、人気芸人として大活躍のラランド。

当時はアマチュア芸人として注目を集めました。

2021年にはブレイクタレントランキングで7位に入り、人気芸人としての地位を確立。

現在はサーヤが代表取締役を務める個人事務所「レモンジャム」に所属しています。

 

 

スポンサーリンク

プロフィール

□サーヤ(19951213日)

ボケ担当(時々ツッコミ)

株式会社レモンジャム代表取締役社長

本名は門倉早彩

東京都八王子出身

かつて子役として活動。

趣味・特技はラップ鑑賞

2021年にヒップホップバンド「礼讃」を結成。CLR名義で作詞作曲・ボーカルもこなす。

港区内の広告会社に勤務しており、「芸人」「会社員」「会社経営者」の3つの顔をもつ。

 

 

□ニシダ(1994年7月24日)

ツッコミ担当(時々ボケ)

株式会社レモンジャム社員

本名は西田亘輝

山口県宇部市出身神奈川県鎌倉育ち

趣味はマッチングアプリ、ギャンブル全般、読書、煙草

LINEIDを公開し、ファンからLINE Payで送金してもらっている。

怠惰な人間のあまり両親とはほぼ絶縁状態。

2021年よりAGA治療を開始している。

普段使用しているリュックに月額5万円で広告が掲載できるサービス「ニシダ・アド」を2022年に開始。

 

結成の経緯

 

上智大学外国語学部イスパニア学科の同級生として出会い、同大学のお笑いサークルにて2014年に結成。

2015年にM-1グランプリに初出場するも1回戦敗退に終わり、それ以降毎年エントリーし続け、2019年・2020年には準決勝にまで進出しました。

2020年にYouTubeチャンネル「ララチューン【ラランド公式】」を立ち上げ、現在の登録者数は19万人を超え、200本を超える動画を投稿しています。

 

レギュラー番組も数多く持ち、大人気のラランド。

その活躍に今後も目が離せません。