盛りメイクにかかせないつけまつげ、昔はなかなか敷居が高いイメージでしたが、今では100均でも手に入るようになりました。

ところで、100均のつけまつげって、コスパはどうなのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク

100均のつけまつげの耐久性は?

結論から言いますと、100均のつけまつげは基本的に繰り返し使えるタイプになっています。

もちろん、使い方にもよりますので一概に〇〇回使えるとは言えませんが、接着剤の質によって多少異なるものの、大切に扱えば10回ぐらいは使用できるようです。

使っているうちに折れたり毛が抜けたりしてボロボロになってくるので、使う前につけまつげの状態を確認し、そのような様子があれば捨てるようにしましょう。

ただし、100均のつけまつげはやはり値段相応なので、それなりの値段のものと比較すると耐久性はいまひとつです。ですから、手軽さでいえば100均のつけまつげはいいのですが、コスパを考えるとある程度の値段のものを買ったほうが経済的と言えます。

長持ちさせるためのお手入れ方法はある?

つけまつげを長持ちさせるためには、しっかりとお手入れすることが重要です。毎回接着剤をきれいにとることで、100均のつけまつげでも長く使うことが可能です。

つけまつげを外した後、綿棒や中性洗剤を使って洗います。ペットボトルのキャップに水を張り、そこにつけまつげを入れて浸け置きすると、きれいに接着剤取れるのでおすすめです。

でも、水につけても接着剤や汚れが落ちない時もあると思います。

そんな時はポイントメイク落としを使う方法もあります。それで大体の汚れが落ちたら、軸についた接着剤を指でつまんではがします。

最後に水で軽くすすいで水気を切りましょう。

このように、しっかりお手入れすることで100均のつけまつげも長持ちさせることはできますが、まぶたと目の健康を守るためには、痛みや汚れがひどくなる前に交換した方がいいでしょう。

100均のつけまつげ、おすすめはある?

100均つけまつげにはさまざまな種類がありますが、調べてみると、どうやらダイソーの1番・2番・4番・9番のつけまつげが人気があるようです。

1番・4番はクロスで長いタイプ・2番はクロスで短めのタイプ・9番はストレートでオーバーロングタイプのつけまつげです。

自然に見せたい方は2番を、盛りメイクが好きな方は1番・4番・9番の毛の長いタイプのつけまつげがおすすめです。