赤髪の白雪姫は23巻はいつ発売?遅れた理由は?

白雪姫と言うと、ディズニー映画などでも黒髪に真っ白な肌・真っ赤な唇が定番ですが「赤髪の白雪姫」は、その名の通り赤いリンゴのような髪を持つ白雪という少女が主人公なのです。

あかづき空太氏の描く少女漫画作品です。

そもそもは白泉社の「LaLaDX」で連載されていたのですがLaLaに移籍、2015年7月にはテレビアニメ化もされたのでご存じの方も多いかもしれませんね。

この作品、とにかく発売が遅くファンの方々はいつもヤキモキしながら待っているようです。

原因は明らか、連載されている雑誌が隔月連載ですから1年でたった6話しか進まないというわけです。

コミック派の方は「もしかして休載してるのかも」といった不安も抱いてるようですね。

作者の体調不良や出版社側の意向など、さまざまな理由で休止となるケースは多々あります。

ですが「赤髪の白雪姫」に関しては大丈夫です。

亀のようなゆっくりとしたあゆみですが、決して止まることなく進んでるのでご安心ください。

2022年4月には、待望の23巻が発売されました。

もしも連載雑誌が毎月発売のものに変われば、もっと早いペースで出てくることとなるでしょうね。

でも今のところ、移動の予定はありません。

雑誌でのペースを参考とすれば、どれくらい後に次が発売されるかの予測もできるはずです。

次は〇年〇月に発売のはず、と指折りながら待っていてください。

どんどん進んでいって、あっという間に完結して終わってしまうのも寂しくはありませんか。

どんな展開となるのだろうか?

ラストはどうやって終わるのかしら、とドキドキワクワクしている時間もまた楽しんでいるしかないのです。

読み切りのはずが好評だったからと連載が開始された作品ですから、もしかしたら作者自身もラストが固まっておらずゆっくりと構想を練っているのかもしれませんね。