安倍晋三さんの警備でわざと警備に穴を開けて銃弾が放たれるまで待っていたという噂は嘘?

日本だけでなく世界中が驚かされました。

参院選の応援演説のためにと奈良に出ていかれていた元首相の安倍晋三さん、正に演説をしていた最中に襲撃され67歳の若さで命を落としてしまったのです。

その場で捕らえられた山下徹也容疑者ですが、母親が世界平和統一家庭連合の教会員で強く入信しており、多額の献金により破産に追い込まれていたそうです。

その恨みが強く、団体に安倍氏が関係していたので狙ったとのことでした。

2発撃った段階で取り押さえられた山下容疑者ですが、もっと早くに対処できていれば、むざむざ殺されずに済んだかもしれません。

SNSでは「わざと警備の穴をあけていた、銃弾が放たれるまで待ってた」なんて話もありますが、それは真実なのでしょうか。

もしそうなら大変なこと、元首相を打たせるように仕向けた方々もまた同罪です。

とはいえ、あくまで現首相ではなく元首相ってこともあり警備がぬるかったんでしょうね。

そもそも日本だと銃を手に入れるのさえ困難ですから、警察もSPも刃物や鈍器に対する訓練を特に強化して行っているのです。

アメリカのSPであれば1発目ですぐにかばうように安倍氏の前に出てきていたはず、慣れていないのとびびってしまったの、両方で動けなかった間に2発目がっていうのが真相だと思われます。

この事件を受けて、今後の対応策は練られるでしょうね。

銃社会じゃないから仕方なかったと言ってはいられません。

プロのSPである以上、これは大失態なのです。

何か起こると必ず挙がってくる陰謀論、闇の深い政治の世界ですし自民党最大派閥トップである安倍元首相の死、もしかしたら何かあったのかもしれませんが我々一般市民が真実を知る機会などあるはずがないでしょう。

関連キーワード