尾島早都樹アナウンサーはかわいい?

「一重まぶたに切れ長の目・小さくツンと尖った鼻に小さな口・ふっくらとしたしもぶくれの顔・身体もふっくらとしていること」、これらは平安時代の美人の条件です。

二重にしようとアイプチをしたり、少しでも痩せようと努力する現代とは真逆ですね。

ちなみに小顔がいいと日本では言われてますが、ドイツなどでは顔が小さいイコール脳みそが小さいってことでおバカさんと馬鹿にされます。

時代や国が変われば美人の条件ってのはぜんぜんちがってるってことです。

黒髪でふっくらした顔の方はきっと平安時代に生まれたかったと思われていることでしょうね。

今の時代には合わなくても、「時代が追いついてないだけよ」と強気でいてください。

おなじ時代であっても、人それぞれに好みは変わります。

女優やモデルもそれぞれ違って、それぞれにファンが付いてるのです。

デブ専なんてのもありますよね。

他の方に選ばれなくても、いいなと思ってくれる相手がみつかれば結婚はできます。

むしろ美人過ぎて敬遠して誰も近づいてこず、独身を続けてる方だっているのです。

結婚や恋愛ができるかどうかは運もかかってるのかもしれませんね。

ところで、長野放送アナウンサーの尾島早都樹さんってご存じですか。

地方のアナウンサーながらかわいさで評判なのです。

地元長野ではアイドル的扱いとなっています。

本当にかわいいのか。

男性それぞれに好みはちがうので、100パーセントかわいいとは言い切れませんよね。

というかアナウンサーなんて人前に出る商売ですから、皆さん一定レベル以上ではあるわけでブスではありません。

元モーニング娘の矢口真里さんに似てるという方も、男の人が好きそうな雰囲気の持ち主みたいです。

全体的には「かわいい」と言う方の方がおおいんじゃあないですか。

ですが、「そうでもない」と言う方もいます。

関連キーワード