Meetというアプリが入っている理由は?安全性に問題はない?

Google社提供のビデオ通話のできるアプリ、それが「GoogleMeet」です。

以前は「Googleハングアウト」という名で呼ばれていました。

新型コロナウイルスの蔓延により、リモートオフィル・テレワーク・Zoom会議といった言葉が流行語となり、ビジネスの世界が変わってきています。

Meetがあればこれらの作業がスムーズに行えます。

セキュリティ性能にも優れているため安心して大切な情報を取り交わすことができます。

Gmailやカレンダー・SheetといったGoogleアプリケーションとの相性もバツグン。

Googleアカウントさえ持っていればわざわざ契約の手間もなく無料で使うことができるのです。

Googleアカウントが必要なのは主催者だけ、参加者の方々はGoogleアカウントさえ不要なんですよ。

とにかくメリットたっぷりのMeetですが、もちろん会社が別のアプリを使ってのテレワークを推奨していたり、そもそも専業主婦だったり職種によって他とパソコンやスマホを介して話をする必要がないという方には無用の長物となりますよね。

なのにどうやら、勝手にスマホにアプリが入ってくることもあるようなのです。

決して怪しげなアプリではなし、Meetは今の時代にお役立ちアイテムとなってくれてるものです。

怖がることはありません。

勝手に入ってたけど使う気は全くなしってことなら、放っておいても害になることはないでしょうね。

まあ容量を食うという意味では害となるとも言えます。

なので今後も使う気はないということなら、消しちゃってください。

普通に消去できるはずです。

無料でも使うことができるMeetですが、月額料金を支払うことで更に機能性が高まります。

仕事場だけでなく、教育の分野でもGoogleMeetに対しての期待は高まってるようですよ。

プログラミングスクールや学習塾はもちろん、公立学校も導入を検討しているとか。

消す前に、使い道は無いか考えてみてもよいかもしれませんね。