Amazon Music がミント色のアイコンになった理由は?

AmazonMusicとは、Amazonが提供している定額制音楽ストリーミングサービスです。

毎月お金を払えば、音楽聴き放題です。

SpotifyとかAppleMusicと同じ。

サブスクリプション(月額課金)制サービスは、どんどん増えてきていますね。

AmazonPrimeMusicとAmazonMusicUNLIMITED・AmazonMusicHDと3種類あって、それぞれに料金は異なります。

プライム会員となっていれば、従来からの200万曲に追加料金不要で1億曲以上も聴くことができます。

スマートフォンにパソコン・FireTV・Fireタブレットなどさまざまな媒体を使って聴くことができます。

たくさんの方が利用されているサービスですが、2022年11月1日に大幅リニューアルすることとなりました。

1億曲以上というのも新しく加わったサービスです。

とにかくいろんな曲を聴きまくりたいという方、利用してみてはいかがでしょう。

アイコン色もリニューアル、さわやかなミント色にと変わりましたね。

まあ「リニューアル前の色の方が落ち着いていてよかった」なんて声もありますが、人それぞれ好みはバラバラなのです。

リニューアルの影響は他にもあります。

オフライン再生が制限されてしまったのです。

ダウンロード済み曲を再生するも「オフライン再生用にダウンロード済みの曲はご利用いただけません」と表示されてしまい、これまで通りにはできなくなっているようですね。

まあ曲を選び再生できる厳選プレイリストからダウンロードするなど、抜け道はあるみたいです。

好みとはちがったミント色アイコンを好みの色に変えるためのわざというのも、探せばあるのかもしれません。

再生したいなと思った楽曲を選んでも「あなたが選んだのと似た音楽をミックスしてシャッフル再生します」といが具合に強制的にシャッフル再生機能が働いたり、ですからリニューアルしたから格段に使いやすくなったとは言い切れないみたいですね。