スポンサーリンク

【iPhone】アプリ課金で毎月の携帯料金と同時に支払う方法はある?

スマートって言葉、日本語だと「細い・スリムな」ってことになりますが、実は英語だと「賢い」とか「スタイリッシュ」ともっともっといろんな意味を持っているのです。

スマートフォンも細い電話じゃあなく賢い電話。

もはや携帯電話・携帯できる電話ってだけじゃなく、もっともっとなんでもできるとっても便利なアイテムとなっていますよね。

パソコンみたいに調べ物もできるし、カメラやビデオの撮影も。お財布代わりにもなるのです。

アプリを取り入れることで、できることの幅は更に広がります。

ただしご注意を、中には課金が必要なアプリもありますよ。

そもそも有料で提供されているものもあれば、トライアル期間を経て有料となるものもあります。

時に高額請求してくる詐欺アプリもあったりするので、何でもかんでも取り入れるのはキケンだったりします。

ところでiPhoneをご利用されてる方、携帯の料金と一緒にアプリ内の課金料金も合わせて一緒に支払うことができれば便利でいいのにって思ったことありませんか。

残念ながらそれは不可能です。

だって、アプリ内課金ってご利用者様とApple(iTunes)との直接取引となるのです。

携帯代にプラスでってわけにはならない。

ちなみに、LINEのスタンプとかは一緒に請求とかできるみたいですけどね。

Appleでは、後払いをご希望ならクレカ決済・先払いしときたいった方にはiTunesカード決済。

2つの課金方法があります。

iTunesカードってコンビニや量販店で見たことあるのでは、1500円・3000円・5000円と種類があるのでご利用料金に応じてお選びください。

このカードを購入して裏面を削るとコードが出てきます。

こちらをiPhoneで読み取れば1500円なら1500円分のアプリが、更には音楽・映画など幅広く購入することができるという仕組みです。