スポンサーリンク

人身事故を起こして罰金なしになるケースは?

人身事故を起こして罰金なしって、そんなことあるのか?という質問についてお答えします。

ズバリ!「あります!」

人身事故を起こしても起訴されなければ罰金も減点もなしになる場合があります。

ただし、不起訴(起訴されなかったということ)になれば、全部がお咎めなし!という事でもないので、あとは検事さんの判断になります。

また法律はちょこちょこ毎年のように少しずつ変わっていきますので、必用であれば毎年チェックする必要があります。

ちなみにこの記事は2022年12月に作成されました。

どのようなケースが不起訴になるのか?

どのようなケースが不起訴になるのかについては、本当に検事さん次第なのでなんとも言えません。

もし結果に不服がある場合は弁護士を雇い、戦うしかないでしょう。

今まで私が聞いたケースで不起訴になったのは、自動車とバイクの事故です。

過失割合はバイク側にあり、自動車側には責任はないとして、不起訴になりました。

また死亡事故の場合でも不起訴になれば罰金はありません。

過失割合の詳細については警察や検事さんが判断することなので明確には分かりませんが、不起訴になった場合、罰金がない場合もあるということを覚えておきましょう。

突然の事故に備えて

事故は起こそうと思って起こるものではありません。

どんなに気を付けていても、他人の事故に巻き込まれることもあります。

そんな時のためにも正しい知識を少しでも多く入手しておく必要があると思います。

先ほどもお話ししましたが、法律は毎年ちょこちょこと変わっていますので、古い知識のまま「大丈夫」と思わない方がよいです。

調べる方法は簡単です。

『道交法改正 2022』などのように年号を入れるだけで、その年に改正された内容が検索できます。

法律のアップグレードと共に、脳のデータも一緒にアップデートしちゃいましょう!