【ブラック校則】4時禁ルールって何?岐阜県西濃地区だけ?体験談やネットの反応

4時禁という言葉がネットのトレンドに上がっています。

どうやらこれは、一部地域の学生は午前で帰宅後も四時までは外出禁止を義務付けられているようです。

現在ブラック校則が話題になっており、様々なものもありますがこれもなかなかインパクトの強い言葉ですね。

詳しく調べてみました。

 

四時禁とはなんのこと?

主に中学校で授業が午前中に終わって早く帰宅した生徒に、午後4時まで外出を禁じる決まりのことです。

ただし、明文化されていなく、「不文法」として伝承されてきたようです。

そのため、学生の中には不満やなぜやらなくてはいけないか十分な説明もないまま従わされてきたようです。

スポンサーリンク

これだけでも地域色や時代を感じてしまいますけどね。

四時禁は岐阜県の西濃地区だけでなく県内全域のルール

今回は岐阜県の西濃地区に関しての調査であったが、どうやら岐阜県内各地で同様のルールが存在しているようです。

ただし、東海地方のその他の県でそのような声は今のところ確認できていません。

追加情報などがあれば補足していきます。

そもそも四時菌が行われた理由は

諸説ありますが、以前岐阜県内の小中学校はかなり荒れていた時期があり、学校間の抗争にまで発展する事態にもなった。

それを抑制するために、できるだけ外出を控えさせて、問題行動を防ごうとする狙いがあるのではないかという理由が言われていました。

そのため現在でも「学習時間を確保できる」「トラブルに巻き込まれる心配がない」といった必要論も根強く残っているようです。

 

四時禁を実際に体験した人の感想やネットの反応まとめ

 

https://twitter.com/wadayuuuuya/status/1219458711598452737

https://twitter.com/hnk8908/status/103478928689201153

 

スポンサーリンク
おすすめの記事