TKOの木下さんが30年勤めた松竹芸能を退所することを発表されました。

所属事務所からの発表では円満退社と言う風な事で発表されておりますが、

明確な理由や経緯の説明はありませんでした。

またコンビの木梨は松竹芸能に所属を続けるようなので、何か不自然に感じますね。

 

今回は昨年末からの木下のトラブルの経緯や退所の理由について推測しています。

 

TKO木下隆行 松竹芸能を退所

 

TKO木下隆行『松竹芸能』退所へ コンビは継続 今後はフリーで活動
松竹芸能は5日、所属するお笑いコンビ・TKOの木下隆行(48)が、3月15日をもって退所することを発表した。コンビは解散せず、木下は今後フリーとして引き続き芸能活動を行っていく。

サイトでは「弊社所属タレントのTKO木下隆行は、2020年3月15日をもって弊社を離れる事になりました」と伝え、「今後は弊社を離れ、フリーとして引き続き芸能活動を行っていきます」と説明。

TKOは解散せず「木本武宏は引き続き弊社所属で芸能活動を行います」と、相方の木本武宏(48)とコンビを存続するとし「今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

木下においては、以前より後輩へのパワハラ疑惑が報じられていたが、ORICON NEWSの取材に対し、所属事務所は「それが直接的な原因ということではありません」と否定。「報道もあった中で去年から今後どうしていく、という話し合いを本人と重ねており、結論として別々の道に進みましょうという落とし所になった」と説明した。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/17916253/

今回の発表では、30年長く所属していた木下が10日前に急遽退所を発表し、

その理由も明確にないという形でした。

特に珍しいのが、解散もしていないのに、TKOの木本は対処しないということですね。

 

やはり、何らかの理由があると思うので過去の出来事をまとめてみました。

 

 

TKO木下隆行 退所理由はなぜ? クロちゃん土下座や後輩へパワハラに濱口の激怒から自粛してたため?

昨年末から木下さんは、いろいろとトラブルを起こしているようでした。

スポンサーリンク

 

 

 

クロちゃんを暴行し、土下座させた事件

 

後輩にペットボトルを投げつけ、濱口が憤慨

「事の発端は“よゐこ”の濱口優と南明奈の祝賀パーティーで、木下が後輩から預かった金銭を“ネコババ”したのではないかという疑惑を松竹芸能の後輩であるオジンオズボーンの篠宮暁が舞台上でイジったところ、楽屋に戻った際に激怒。篠宮にペットボトルを投げつけ目に直撃し、そのことが耳に入った濱口が憤慨したとか。結婚式には相方の木本のみが呼ばれ、濱口は木下との“共演NG”を出したと報じられましたね」(スポーツ紙記者)

 

浜口は事実無根と擁護しているが

濱口は記事を全面的に否定し、「あれは誤解です。ネタとして言うてたんですけど、それが誤解でああいうかたちになってしまった。彼は僕らのためにパーティーを開いてくれた」と擁護。「たまたま『集めたお金を預かっとくわ』と言ったのが、普段の行い的に『あいつ、ネコババしたんちゃうか』というネタになった。記事になるとね、ビックリしました」と騒動について説明した。

こちらの記事では、濱口は事実ではないと表明しているようですね。

 

つまり、濱口が木下に怒ったという記事は事実無根であると訂正しています

ただ、この説明では、ペットボトルを投げたことは否定していないですね。

木下の釈明では

週刊誌の直撃取材を受けた木下は「怒りにまかせて投げたものが目に当たってしまった」と釈明していた。

と発表しています。

そのため、実際にペットボトルを投げたことは事実であると思われます。

 

これらがどちらにせよ自粛に入っていることは何らかの出来事があり

反論できないことがあると考えられます。

 

まとめ

やはり昨年末からいくつかのことで問題を起こしており

それに伴い仕事量を減らされていたことが考えられます。

少なくとも仕事量が減っていることは間違いないですからね。

 

ただ逮捕されたわけでもないので解雇と言う風な立場を取らず円満退社と言う形で

双方合意のもと移行していくと言う形をとったのではないかと思われます。

 

やはり、事務所が対処する理由を明確にしなかったことは具体的に発表できなかったと考えるのが自然ですしね。

 

ある番組で木下さんの年収数千10,000円と言うふうにボカしながらも説明していたと言う話もありますので。

またテレビでこれまで長い間方が活躍していた方なので個人事務所になったとしても活躍できると思います。

悪いところはしっかりと反省してまた新たに心機一転やり直すもらえたらと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事