テレビ

石河 英作(コケ・アーテイスト)のwiki風プロフ コケテラリウムの通販や特徴について

投稿日:2019年8月18日 更新日:

石河 英作(いしこ ひでさく)さんが、8月23日のあさイチに「グリーンスタイル のんびりほっこり 苔の国」のコーナーでゲストとして出演されます。

コケ(苔)テラリウムというと聞きなれないですが、アクアリウムみたいなイメージでいいみたいですね。

今回はそんな石河さんの独立したきっかけや活動内容・コケテラリウムについてなどいろいろ調べてみました。

実際には手入れも簡単で、初心者でも簡単に癒しを手にいられるそうです!
通販の販売サイトも公式であります。

 

石河 英作(コケ・アーテイスト)のwiki風プロフィールや独立したきっかけは?

名前:石河 英作(いしこ ひでさく)

生年月日:1977年

出身地:東京都生まれ

職業:園芸家・コケアーティスト

 

東京生まれであったが、両親が植物好きであったためか、身近に鉢植えがあふれる環境で育ったため、自然と植物を育てることが好きになっていました。

大学卒業後、山梨県の「洋ラン種苗会社」に就職し、新品種の育種やプロモーション活動などを担当していたが、2013年に退社し独立。

園芸の脇役だったコケを主役にすることを目標に、コケの専門ブランド「道草 michikusaを立ち上げました。

 

独立したきっかけ:

苔を始める前は、お花の蘭を販売する会社に勤めていたのですが、
より身近で育ててもらえる植物がやりたくて、「道草」という屋号で仕事を始めました。

そして、身の回りに生えている植物を眺めたとき、足元に生えていた小さくて力強い苔に魅力を感じて
自分自身ハマってしまい、今では苔一本に絞て販売をしています。

 

現在の活動:

現在は「植物を楽しく育てるきっかけ作り」をコンセプトに、苔植物を中心に企画・生産・販売しています。
またコケ関連商品の企画販売やワークショップ、観察会などで、コケの幅広い魅力を発信し、
育てる楽しさ・見る楽しさ・知る楽しさ・作る楽しさを提案しています。

販売は主として、園芸店、花店、雑貨店への卸が多いのですが、
ネットやCreemaのようなイベントで直接販売したり、苔テラリウムの作製ワークショップも定期的に企画しています。

その他の活動:
・嫌われ者のゼニゴケを愛でる対象にすることを目指した「ゼニゴケ地位向上」活動
・コケを美味しく食べることを追及している「ジャゴケを食べる会」
・コケの幅広い魅力を発信する「五感で楽しむコケイベント」など

 

この投稿をInstagramで見る

 

【お知らせ:9/9(日)コケイベント@大阪】しばらくぶりです。8月はすっかり夏休み気分でInstagram離れしておりました!m(__)m 下記のコケイベントに参加します。詳細は道草さんの投稿をリポストしたのでご覧いただければ!ここでしか体験できない面白いイベントですよ。ご興味のある方、ぜひお越しくださいませ。お待ちしています😉 ………………… 9月9日14時〜 大阪 あべのハルカス近鉄本店7階街ステーションにて、「五感で楽しむコケの魅力」トークイベントやります! 藤井久子さんとの体感型苔トーク。触って、覗いて、香りを嗅いで、苔を体感していただきます。 参加費無料ですので、是非コケの魅力に触れに来てください。 #小さな苔の森 #苔 #コケ #コケ観察 #藤井久子 #石河英作 #道草 #あべのハルカス #コケの魅力 #苔の香り #苔テラリウム #苔トーク – #regrann

hitsujigokeさん(@hitsujigoke)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

 

 

コケ(苔)テラリウムとは

 

 

 

コケ(苔)テラリウムとは?

ガラスの容器に入れて部屋で楽しむインテリアを指します。

置き場をあまり選ばず、手間もかからず、清潔感もあり、園芸ビギナーにおすすめです。

利点:メンテナンスがラクで、好きな場所にインテリア感覚で置ける

コケは「湿度を好み、弱い光の中でも育つ種類」を選べば、簡単に楽しめます。

ふたをした容器を使うため、水やりは2~3週間に1回でOK。

一年中いつでも植えつけできるので、育てたいときに始められます。

本が読める明るさがあれば、コケテラリウムはどこに置いても楽しめます。

コケ(苔)テラリウムの楽しみ方

テーブルや棚に飾ったり、デスクまわりに置いたり置く場所を選びません。
小さなコケがくつろぎの空間をもたらします。

コケを育て始めたら、近づいてルーペで覗いたり、もふもふの手触りを楽しんでみてください。

*注意点:乾燥を好む種類は不向き

気をつけたいのはコケ選び。
テラリウムで育てやすいコケと難しいコケがあります。

盆栽に使われるギンゴケやスナゴケは、乾燥した環境を好むので避けましょう。

また、コケ玉に使われるハイゴケは初心者には難易度が高くなります。

 

石河英作(コケ・アーテイスト)のアトリエやワークショップは?

 

アトリエ&研究室

〒144-0046 東京都大田区東六郷2-19-2 エンゼルハイム東六郷第2 112号室
【MOBILE】080-2084-4422【TEL/FAX】03-6715-9687
【E-mail】info@y-michikusa.com

新小岩教室

〒132-0031 東京都江戸川区松島4-20-14

 

ワークショップもやっています。

 

基本は東京ですがいろいろなところでもワークショップを開催しているそうです

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日イベントのお知らせです♪ 『苔テラリウム制作ワークショップ』 苔のエキスパート、「道草」の石河英作氏がお越し下さっています😉 ビギナーコースは11時00分~、14時00分~(3240円) エキスパートコースは17時00分~(10800円) 石河先生がテラリウムでの育て方も詳しく教えて下さります✨ お席も多目にご用意しておりますので、是非この機会にテラリウム作りに参加してみませんか😊🌿 #グリーン #インテリア #インドアグリーン #植物と暮らす #苔テラリウム #道草 #石河英作 #ワークショップ #プロトリーフ #二子玉川 #玉川高島屋

プロトリーフ ガーデンアイランド玉川店さん(@protoleaf.git)がシェアした投稿 –

 

石河英作(コケ・アーテイスト)の通販は?楽天で買える?

実際に足を運べないという人でも通販があるので安心ですね。

 

公式サイトでのオンラインストア

 

楽天での他の作成者の通販は?

石河さん以外の作品ですが、楽天でも販売されているようです。

 

 

 

石河英作(コケ・アーテイスト)と照明作家:内野敦明がコラボ LEDの光と水だけでコケを育成

 

Instagramで話題の照明作家 内野敦明氏によるプロデュース作品Mosslight-LEDが「道草」とコラボしています。

また違った顔のコケの姿を楽しめますね!

Mosslight-LEDとは

植物を栽培することに特化した、LED照明とガラス容器のセットです。自然光があたらない場所でも、LEDの光と水だけでコケを育てることができます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-テレビ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キッズマジシャンtaichi(太一)のwiki風プロフ マジック動画は?始めたきっかけや憧れのマジシャンは?

  ビビットの「令和を担うスーパーキッズ」というコーナーで、キッズマジシャンtaichi(太一)が出演します。   若干12歳ですがマジックを始めたのは5歳の時からでかなりの経歴が …

【激レアさん】南裏健康(冒険家)動画やwiki風プロフ 経歴や遭難のまとめ

南裏健康(みなみうら たけやす)さんが、9/14日の「激レアさんを連れてきた」に出演されます。 南裏健康さんは冒険家であり、登山家、フリークライミング、パラグライダーと幅広く活動されている方です。 そ …

信号機の墓場や懸垂型UFO信号機など信号機を愛してやまないスーパーキッズのおすすめ信号機まとめ

8月13日 のビビットでは、「神技スーパーキッズ」のコーナーで「信号機を愛してやまないスーパーキッズ」が登場します。 詳しい情報はまだありませんが、12歳と8歳の兄弟さんのようで、 自分の部屋に私物の …

チャウチャウ(喬喬)がさんま御殿でテレビ初出演!wiki風プロフモデル体型の身長/スリーサイズも判明。過去は白鳥さゆりでアイドル活動も?【さんま御殿】

次回のさんま御殿にチャウチャウ(喬喬)さんが初登場します (*上記の犬のチャウチャウとは関係はないようです) 予告動画では、「さんまをいじる中国人美女」と紹介されているようです。 それにしてもこの予告 …

秋吉翔太(プロゴルファー)のwiki風プロフ(経歴や賞金など) 優勝のカギとなった日本未発売パターやお嫁さんの助力がカギ!?

プロゴルファーの秋吉翔太選手ってご存知ですか?   2018年『ミズノオープン』でツアー初優勝をした今注目の選手について 使用している特別パターやWikipedia風プロフィールをご紹介しま …