生活・暮らし

収入 証明 書は発行はどこでしている?所得 証明 書や納税 証明 書の 発行はどこで?

投稿日:

収入証明書ってどこで発行してもらえるんでしょうか?

 

色々な手続きで収入を証明する書類が必要になることがありますね。

 

でもその書類はどこで発行してもらえるのか、

イマイチよく分かりませんよね。

 

 

ということで今回は、収入を証明する書類が必要、

といわれた場合に知っておきたい、所得証明書などは、

どこで発行してもらえるのか紹介していきます。

 

 

合わせて納税証明書を発行してもらえる場所もご紹介しますよ!

 

 

所得 証明 書の 発行はどこでできる?

収入証明書である所得証明書はズバリ、

住んでいる地域の役所の窓口へ行って発行してもらいましょう。

 

 

賃貸マンションを借りたい場合や、

ローンが組みたい場合などで、収入が証明できる書類が必要、

といわれることがあるんですよね。

 

 

そんな時に必要になってくるのが、収入を証明できる書類。

 

 

お住まいの地域の役所行き、置いてある申請書に必要事項を書いて、

窓口に提出すれば所得証明書が発行されますよ。

 

 

ちなみに所得証明書は『課税証明書』とも呼ばれており、

前年の1月1日~12月31日の間にいくら所得があり、

住民税が課税されたか、ということが記載されています。

 

 

所得証明書の発行の際には300円の発行手数料と、

本人確認できる書類も必要になってくるのでお忘れなく。

 

 

ただし、収入証明書ってこの所得証明書だけではないんですよね。

 

 

源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細なども、

収入が証明できる書類として有効な場合もあるんですよ。

 

 

源泉徴収票は勤務先から年に1回発行されるものなので、

役所では受け取ることが出来ません。

 

 

そのため、源泉徴収票が必要な場合は、

勤務先の経理かもしくは総務担当者に相談してみると良いでしょう。

 

 

ただ、ローンを組むなど目的によっては、

源泉徴収票ではなく所得証明書が必要になる場合もあります。

 

 

そのため、必要書類をきちんとチェックしておき、

収入証明書は所得証明書でないとダメなのか、

スポンサーリンク

源泉徴収票や直近2ヶ月分の給与明細でも良いのか、

しっかり把握しておかなければいけないんですね。

 

 

ちなみに筆者も最近、とある目的で収入証明書が必要になったので、

役所へ行って所得証明書を発行してもらいました。

 

窓口で申請すればすぐにもらえたので安心ですよ!

 

 

納税 証明 書の 発行 はどこでできる?

 

 

確定申告をして納めた税金額や所得金額などを証明できる、

納税証明書に関しては、お住まいの市区町村にある税務署で発行してもらえます。

 

 

つまりお住まいの地域の役所からでは発行されないので、

くれぐれも注意しましょう。

 

 

確かに色々な手続きに使う書類って、役所でもらえるイメージが強いですよね。

 

 

でも納税証明書に関しては税務署に行かないと、

発行してもらえないので覚えておきましょう。

 

 

納税証明書を発行する方法としては、

税務署の窓口に行って依頼をすればOKですよ。

 

 

ただし、また発行手数料が400円必要になる場合があるのと、

免許証など本人確認ができる書類、

そしてマイナンバーの個人番号が確認できる書類と印鑑も必要になります。

 

 

くれぐれも必要なものを忘れないように注意しましょう。

 

 

やっぱり役所や税務署で書類を発行してもらうのって、

ちょっと手間だしお金もかかってしまうんですね…。

 

 

一応、納税証明書は郵送やe-Taxを使ったオンラインからも申請が出来るので、

税務署に直接出向く時間がない時はこの方法をするといいですよ。

 

 

納税証明書のより詳しい発行方法に関しては、

下記のサイトを参考にしてみてください。

 

 

https://www.ymbt-zeirishi.com/tax-certificate/

 

 

やっぱり税務署って平日の日中しか開いていないから、

平日は仕事で忙しい時は行ける時間がない人も多いでしょう。

 

 

そのため、郵送やオンラインから申請できるとすごく楽ですよね。

 

 

ということで、窓口へ直接出向く以外の方法も、

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

まとめ

 

 

収入証明書の1つである所得証明書(課税証明書)は、

住んでいる地域の役所で発行してもらうことが出来ます。

 

 

 

またそのほかの収入証明書である源泉徴収票や、

直近2ヶ月分の給与明細に関しては、

勤務先から発行されるので覚えておくといいですよ。

 

 

そして納税証明書は、

お住まいの地域を管轄する税務署へ行って発行してもらいましょう。

 

 

書類発行の際には、本人確認書類や発行手数料などが必要になる場合も多いので、

くれぐれも忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

-生活・暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

温感湿布と冷感(冷却) 湿布の違いは?効果時間や一日何枚まで?湿布が腰へおすすめされない理由は?

  スポンサーリンク   温感湿布と冷感湿布って、効果にどんな違いがあるんでしょうか? どうやって使い分ければ良いかもイマイチよく分かりませんよね。 腰が痛い時は温感?それとも冷感 …

洗面台の頑固な黄ばみはクエン酸だけじゃ落ちない!?本当に落とすマル秘テク

洗面台の黄ばみ汚れって、とにかく頑固でなかなか落ちません。     黄ばみにはクエン酸が効くと聞くけれど、 それでも汚れの度合いがひどいと、十分な効果が得られないことも多いですよね …

不用品の整理整頓術!困った時に役立つ話題のアプリが大活躍です!

片付けても片付けてもきりがない部屋。 気が付けばゴミの山に。。。何て事も少なくありません。 不用品がお金に気軽に変えられたら良いと思った事はありませんか? 最近ではiPhoneアプリなどでも「フリマア …

原付のタイヤ交換はどこで?値段の相場は?交換時期は走行距離何キロ?

      手軽に取得できる便利な原付ですが、適切なメンテナンスをしないと、 故障の原因になります。エンジンオイルや、ライトなど、色々交換しないと いけない部品がありますが、今回は …

車 の キー(鍵)の電池交換はどこでできる?スズキやトヨタの場合は?

車の鍵は最近はインテリジェンスキーと言われてとても便利で取り出さなくても開けるのはすごいありがたいですよね ただしそれは電池で動いているので電池切れになったら使えなくなってしまいます その時に電池の交 …