別のアプリがGoogle Playへのアクセスをブロックしているようですの原因と対処法について。
別のアプリがGoogle Playへのアクセスをブロックしているようです。画面をブロックしている可能性のアプリをすべてオフにしてもう一度お試しください。

 

アプリのアップデート時にこのような文章が表示されたことはないでしょうか?

困っている方も多いみたいですので、原因と対処法などをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

「別のアプリがGoogle Playへのアクセスをブロックしているようです」のエラーとは?

 

スマホやAndroidタブレットで、アプリのアップデートなどのために、Google Playを利用しようとした際に、この文言が出てきてしまい、Google Playが使えないアプリの更新ができないといったことが起きるようです。

また、ゲームなどのアプリを開いた時に表示されるケースもあるようです。

 

 

「別のアプリがGoogle Playへのアクセスをブロックしているようです」の原因は?

 

結論から言うと、明確な原因は公式的には公表されていません。

しかし、スマホやタブレット内で利用中の他のアプリが障害となってしまう可能性は大いにあるようですね。

ここでは、対処法や現在までに報告されている声から考えられる、いくつかの原因を挙げてみます。

スポンサーリンク

 

 

・すでにインストールされている使用中のアプリが障害になっている。

・セキュリティソフトが障害となっている。

・キャッシュなどの不要なデータが溜まってしまっている

などが挙げられています。

この中でも、特に「使用中のアプリが障害となっているケース」が最も多いようですね。

毎日使うスマホの中には、普段使用している感覚がないようなアプリや設定がありますので、何かの原因で、干渉してしまい、障害となってしまう可能性は大いにありますね。

「別のアプリがGoogle Playへのアクセスをブロックしているようです」の対処法は?

使用中のアプリが障害になるケースが最も可能性の高い原因だと書きましたが、その中でも、さらによく聞くケースが、ブルーライトの軽減アプリが障害になっているケースです。

ブルーライトの軽減や画面の明るさを調整するアプリや設定をされている方は、これらの設定をすべてオフにしてみてください。

これだけで動作ができるようになったといった声が多く挙がっているので試してみてください。

また、セキュリティソフトなどが原因と考えられる場合も同様にオフにしてみてください。

 

このエラーの原因は公式には公表されていませんが、使用中のアプリや設定が他の動作を邪魔してしまうことはよくあることのようなので、今後も焦らずに干渉していると思われるものを一旦オフにしてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク