眞子さまの英語力はどの程度堪能?どこで学んだ?

 

小室眞子さんは、国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科を卒業されており、在学中には、アイルランド国立大学ダブリン校(アイルランド共和国)とエディンバラ大学(イギリス)へそれぞれ1回(合わせて2年弱ほど)留学された経験をお持ちです。

 

イギリスとアメリカでは使われる英語の種類が若干異なりますが、少なくともイギリスで学習を十分に受けられるほどの英語力はお持ちでしょう。

 

そのため、最低でもアメリカで日常生活を送っていくために必要な英語力は、現時点で身についていらっしゃるものだと思われます。

 

また、過去には2017年6月のブータンへの公式訪問において、式典で日本とブータンの友好関係の発展を願うお言葉を、英語でスピーチされています。

 

その様子は動画配信サイトにて投稿されており、それを見た国民の反応はさまざまです。

スポンサーリンク

 

英語が堪能だと言う人もいれば、英語力がないと言う人もいます。

 

いずれにせよこの動画だけでは、小室眞子さんの英語力を正しく計ることはできないでしょう。

 

また、他に眞子さんが英語でお話しされている様子を見られる動画は少なく、専門家でさえも眞子さんの英語力に関しては、意見が割れるのではないかと思います(私自身は英語に関して完全なる素人ですので、詳しいことは分かりかねます)。

 

たとえ、現時点でアメリカで働いていけるほどの英語力をお持ちでなくても、これから実際にアメリカで働いていく中で、周りのサポートを受けつつ、眞子さん自身が学習を続けていくことにより、英語力はどんどん身につけていけるのではないかと思います。

 

眞子さんは結婚し皇室を離脱されたため、皇族ではなく一般人です。

 

ここまで色々と述べてまいりましたが、どれだけの英語力をお持ちであろうと、英語が通じずご不便な思いをされようと、私たち国民には関係のないことではないでしょうか。

スポンサーリンク