小室圭の顔に白斑があるのは本当?

数年前から眞子さまと交際報道がされ、

長い年月を経て2021年10月下旬にようやく眞子さまと結婚を果たしたことで

小室圭さんは有名になりました。

 

そんな小室さんですが、今、あることが話題になっています。

 

それは、小室さんの口元とおでこに、

何やら白い部分があることです。

 

これは傷跡や、

渡米前と顔が変わっていることから整形に用いられるヒアルロン酸ではないかとのうわさもありますが、

「白斑」ではないか、という声がかなり上がっています。

 

白斑とは、

皮膚の基底層に存在する色素細胞が減少し、

皮膚の色が白く抜ける後天性の疾患です。

 

高年齢の方のみならず、

若い人たちにもみられる疾患だそうです。

 

スポンサーリンク

白斑の原因は?

では、その白斑の原因は何なのでしょうか?

 

白斑は後天的な皮膚症ですが、この原因は過度なストレスだそうです。

 

酸化ストレスや精神的ストレス、外から肌に触れる化学物質によって、

色素細胞の障害性を高め、

スポンサーリンク

白斑が全身に広がっていくと考えられています。

 

小室さんと眞子様の結婚をめぐっては、

小室さんのお母様の問題も含めて

様々な議論がインターネット上やマスコミで

とりあげられました。

 

こうした報道を受けて、

小室さんは白斑を発症するほどに

過度なストレスを抱えてしまったのかもしれません。

 

実際に小室さんのお相手である眞子様も、

複雑性PTSDを発症されました。

 

小室さん自身や小室さんのご家族、

また、眞子様本人に向けても

誹謗中傷と感じられるできごとが、

長期的に反復され、逃れることができないという体験をしたことが

原因とされています。

 

小室さん自身の精神疾患についてはメディアに取り上げられませんでしたが、

日本国中でニュースにもなったのですから、

小室さん自身も大きなストレスを抱えていたと考えられます。

 

さらに、小室さんは渡米後、

米国の弁護士の資格を取得するために

猛勉強したでしょうから、

そのストレスもあったのではないでしょうか。"

スポンサーリンク