朝美絢さんは二番手羽根を背負ったので、水美さんも二番手羽根だと勝手に思ってしまっていました。

 宝塚歌劇団は、何故水美舞斗さんに二番手羽根を背負わせてあげなかった?


 次回からVISAガールの永久輝さんが2番手に上がるためだと思います。 

一度背負った2番手羽根をなくしたり小さくすることは普通はないため、次回作で永久輝さんが2番手羽根を背負うことを考えると今回はこのような形にするしかなかったのだと思います。 

例えば永久輝さんがしばらく2番手にならない場合や、次のトップが未定というような状況であったとするならば、水美さんが2番手羽根を背負った可能性もあると思います。 

② 舞台でどれだけ輝けたかが大事だと思います。 

羽の大きさがどうだといったものや、誰かに勝った、負けたといった次元の低い書き込みが多いと感じます。 

③ 二回も続けて二番手切りをする気はないということだと思います。 

まどかちゃんもカレーくんももうベテラントップです。 

支えるための二番手は不要だということだと思います。 

次期トップを育てていく立場、瀬戸さんは運がよかったと考えます。 

愛ちゃんはもちろん巡り合わせの運もありますし、トップでもおかしくなかった方です。 

スポンサーリンク

水美さんはやっぱりお若いころから見てきた方なので、しんどいものはありますが、過去のトップさんたちと比べてもトップという雰囲気がないルックスだったり、スタイルだったり、歌だったり、非得意分野をやるときの度胸だったりというものが関係してると思います。 

④ 永久輝さんが来年東上公演をするので、その後の本公演では永久輝さんを2番手にあげるつもりなのではないかと思います。 

はなさんと同意で、今回2番手羽を背負わせて次は無しとすることはできないのだと感じました。 

 

朝美さんは下級生2番手で、次に上がってくるであろう下級生は朝美さんより6期下です。 

水美さんはトップと同期で、次期トップと目されている下級生が2期しか違わない。 

いろいろ不利なんだと思います。


今日、初日を観劇しました。 

お芝居もショーもとても良かったので、また観たいと思っています。 

マイティはしっかり2番手の活躍ぶりだったので、フィナーレで必ず2番手羽根で登場すると期待してみていました。 

なのでかなり驚きましたし、なんとなく劇場全体がトーンダウンしたような気がしました。 

また、 公演の演者の熱が素晴らしかったのと裏腹に、 終演後の初日のご挨拶のトーンが低かったように感じました。 

いつもの初日の感じじゃなかったように思います。 

うまく説明できないのがもどかしいですが…。 

でも、本当に公演は素晴らしかったです。 

100周年に対する花組の皆さんの強い思いを感じました。 

 

スポンサーリンク