ポケモンGOのナイアンティックと任天堂の共同作品であるピグミンブルーム、新型コロナウイルスも収まりつつある今こそおすすめです。

 

ぜひスマホを持って歩き回りお花の道を増やしていって、ピグミンたちと戯れてみませんか。

 

でも中には、位置情報ゲームはプライバシーの面で不安だからという方もいるはずです。

 

その点、ピグミンブルームは大丈夫なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ピグミンブルームは身バレ・家バレする?

 

ピグミンブルームで花植えすると、まるで「ヘンゼルとグレーテル」のようにそのルートが他の方に知られてしまうのです。

 

その花を植えたユーザーが誰なのかまでは分かりませんが、気を付けた方が良さそうです。

 

特に田舎で戸建て住宅に住んでいるという方、おうちから職場までのルートを作らないようにしてください。

 

都会なら・集合住宅ならばそれだけ利用者も多くなるので、人の特定は難しくなるでしょう。

スポンサーリンク

 

ただ、身バレが不安なのであればそもそもこういった位置情報ゲームはしなければいいのです。

 

皆さん、「このあたりにピグミンブルームをやってる方がいるのだな」と思われる程度で今のところそれが犯罪につながってるような例もありません。

 

皆さん、常に位置情報オンで楽しまれています。

 

ポストカードでは危険性あり

 

おうちの付近で楽しむのも良いですが、そこで獲得のポストカードをフレンドに送るのはやめた方が良いかもしれません。

 

何しろ、どの町の何番地かまで詳しい住所が書かれてあるのです。

 

ポストカードをツイッター投稿するのもやめておくことです。

 

現実世界でもおうちを知られているフレンドとの間だったらともかく、他のNianticアプリでフレンドとなってる方は自動でフレンド追加されてしまいます。

 

そんなフレンドとプレイヤー情報だけでなく自身の住所まで共有することとなったら、いろいろとややこしいのでポストカードの取り扱いには注意です。

スポンサーリンク