スナイプダウンとは?

そもそもはHaloのプロゲーマーとして活躍していたスナイプダウン選手、その当時はHaloの大会にて10年で24回もの優勝という輝かしい経歴を残してきました。

そして、所属の選手が引退することとなりその後を引き継ぐ形でTSM FTXの選手となったのです。

幼い頃よりプロゲーマーとなることを夢見てきてその夢を見事実現した彼、コントローラーをまるで手足のように使っていくつものレベルの高い技を繰り出します。

なぜそんなにも強いのか、それは決して才能だけではありません。

ずっと努力してきたからの成果、Halo時代からXBOXクローンコントローラーをずっとずっと使ってきたからこそ、それだけ使いこなせるようになったのです。

TSMに来ても変わらず使い続けたクローンコントローラー、スナイプダウン選手にとっては大切な相棒です。

世界最強と言われたalbralelie選手の後継ということでプレッシャーも大きかったはずですが、そのプレッシャーをはねのけてAIMにても素晴らしい成績を残してきました。

ImperialHal・Repsらチームメイトたちも絶賛のAIM、ゲームの世界だって上を目指すならば努力をするしかないということが彼を見ていると伝わってきます。

スポンサーリンク

スナイプダウンはAPEXを引退・TSM脱退って本当?

そんなスナイプダウン選手、APEXもTSMも引退されました。

2021年11月のことです。

今は、かつての活躍の場だったHaloに戻り、彼の後継としてVerhulst選手がTSMには加入しています。

TSMとしての最後の試合では、男泣きする姿が流れ話題となりました。

イケメンで奥さん思いのスナイプダウン選手、女性を中心に多くのファンがいます。

今後はHaloの世界に戻り、更にすごい記録を打ち立ててくれることでしょう。

スナイプダウン氏の後任となるVerhulst氏もです。

何しろ世界大会優勝チームであるTSM、そんなところに所属することができているのですから才能があり、それ以上に選手らは皆努力を続けているはずです。