ウォッシュロトムはどんなポケモン?

ウォッシュロトムはプラチナで初登場した電気・水タイプのポケモンです。

このポケモンはダイパリメイクで全国図鑑入手後に取得できます。

スポンサーリンク

ウォッシュロトムはどういった構成で育成する?

以下の育成論において、HP=H、攻撃=A、防御=B、特攻=C、特防=D、素早さ=Sと定義します。

まずウォッシュロトムの種族値は、H50、A65、B107、C105、D107、S86の配分です。

他の家電を取り込んだロトムもこの種族値です。

 

特性

浮遊

地面技を無効化できる優秀な特性です。

 

性格

アタッカー型なら臆病か控え目、物理受けなら図太い、特殊受けなら穏やかとなります。

習得技の都合で、臆病か控え目、図太いが推奨されます。

 

努力値

臆病ならCS252、控えめならHC252、図太いならHB252、穏やかならHD252など役割に応じて決めましょう。

 

持ち物

ボルトチェンジが使えるため、拘りスカーフや拘り眼鏡が使いやすいです。

ほかにもオボンの実なども候補になります。

 

水技はハイドロポンプのみで、どの型でも必須となります。

電気技は10万ボルトやボルトチェンジ、放電が候補です。

その他の攻撃技はシャドーボールや祟り目などがあります。

補助技は高速アタッカーを弱体化させる電磁波、物理アタッカーを弱体化させる鬼火があります。

前述の放電は麻痺率が30%と他の電気技に比べると比較的高いです。

放電は挑発対策で電磁波の代わりとして運用できます。

これらの補助技は祟り目とセットで使うと相性がいいです。

拘りスカーフや拘り眼鏡と相性のいいトリック、リフレクターや光の壁といった両壁サポートなど、技候補は多いです。

欲張ってしまうと、低いHPが足を引っ張り相手に普通に制圧されかねないため、仮想敵をどの範囲にするかが重要です。