洋服の青山 初売り、年末年始や混雑状況は?

 

年末は成人式と、帰省のスーツのお客様の来店があり、少し賑わいますが、本格的に忙しいのは、1月1日からです。

1月1日以降は、福袋や、折込チラシの集客がメインで朝と昼がメインでピーク帯もあり、かなり店内が賑わいます。

 

初売りは1月1日から5日までやっております

1月1日から3日までが、ピークで、4日以降は惰性といった感じで普段の営業よりも少し忙しいくらいになります。

また、まれに年によっては仕事初めの前日が、忙しい年もあります。

なぜなら、仕事用のスーツや、シャツの駆け込みがあるからです。

年末は成人式や、年始の企業や近所の人達への挨拶周り用のスーツ目的客の来店があります。 

そういったお客様は普段スーツを着用されないお客様が多く非常に慎重に時間をかけてゆっくり選ばれる為、滞在時間が長く客数は少ないものの、時間帯によっては店員の数よりお客様の数が多くなり混雑します。

しかし、比較的空いております。

また、親元を、離れ遠方の大学や専門学校、就職している人が帰省し仕事用や、成人式のスーツ、または、高校を卒業すると制服が無くなる為、何か万が一があった時の為に大人の制服としての礼服(フォーマル)を買いに来店されます。

帰省のお客様は、家族総出での来店傾向で、買い上げ客数にすると少数ですが、店内人数は多くなります。

初売りは福袋を用意している為、福袋を求めて多数のお客様が来店されます。

中には、開店前1時間前から店頭で並ばれるお客様もいらっしゃいます。

その他初売り時は7割引スーツ等も店頭にでますので、それを目当てに来店されるビジネスマンや、成人式のお客様の来店があります。

新聞折込チラシも出す為、どんなものが安くなっているのかなと、暇つぶしがてら、ブラ見、冷やかし来店されるお客様もいます。

年始はもっぱら、福袋と、成人式スーツと、帰省のビジネススーツを買いに来られるお客様で賑わいます。

成人式に関してはスーツだけでなく、スーツ関連のシャツネクタイや、スーツの中に着るベスト(ジレ)、羽織るコート、その他スーツに付けるラペルピンやカフリンクス、タイピン等単品を買いに来られるお客様もいます。

そういった場合は、洋服の青山には珍しく若い20代の男性1人、または、友人同士での来店があります。

全体的には50歳以上のアダルト、シニア層の来店が多く、その年齢層の親御様に連れられて子供が一緒に来店する等、家族連れでの来店が多いです。

混雑時間は、開店直後の朝からお昼にかけてと、お昼ご飯を挟んだ後なら13時頃から17時頃がピークとなります。

今年であれば1月5日が仕事初めの人が多いと思いますので、4日に当たりますね。