Windows11に勝手にアップグレードするのを止める方法は?

Windows10を利用していると、Windows11へのアップグレードを促すメッセージが表示されます、Windows11へのアップグレードを止めるには、レジストリを操作する必要があります。

レジストリを操作することで、Windows10を特定のバージョンでとどめるという内容です。

具体的には、レジストリのHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftWindowsWindowsUpdateにTargetReleaseVersion、TargetReleaseVersionInfo、ProductVersionという値を作成して対象バージョンを指定する必要があります。

Windows 10のリリースバージョンは「Supported versions of Windows client | Microsoft Docs(https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-health/supported-versions-windows-client)」に掲載されているので対象のバージョンの値を指定します。

スポンサーリンク

更新サービスを受ける方法は?

Windows10の更新サービスを受ける方法は、Windows 10を特定のリリースバージョンにとどめるという方法で、Windows11アップグレードせずに最新の状態で利用することができます。

Windows 10のフィーチャーリリースバージョンは半年ごとに公開されているため、半年ごとに指定するリリースバージョン書き換えの作業を行う必要があります。

その場合、自動でのバージョンアップはされず手動でのフィーチャーアップグレードの操作が必要となるため、忘れてしまわないようスケジュールを把握しておく必要があります。