shekelsという言葉の意味は?

シェケル(shekels)はイスラエルで現在使われている通貨のことです。例えばタイではバース、スリランカではスリランカルピーなどです。イスラエルではシェケルという通貨が流通しています。もともとこれはイスラエルの通貨の単位ですから、話題に出すことは何の問題がありません。

ですがそれは話し手に悪意のない場合です。悪意のある場合には、イスラエル人はお金に細くて汚いなどと考えています。 問題となるのはイスラエル人と会話をする時ではないでしょうか。その時にはやはり格段の注意が必要です。

イスラエルはかつてナチスヒットラーにより残虐な扱いを受けましたし、数多くの善良な市民たちが収容所で殺されてしまいました。ですからドイツ人(白人)に対する恨みは強いということができます。もしも日本人がシェケルという話題を出す場合には、あまり問題になる事はありません。イスラエルは割合親日の人が多いということです。

スポンサーリンク

 shekelsはユダヤを批判したスラングって本当?

shekelsはユダヤを批判したスラングというのは場合によりけりです。日本人がイスラエルでイスラエル人と話す分には、それが問題となることはほとんどありません。しかしながらドイツ人がそれを話題に出すと、昔の忌まわしい思い出が戻ってくる場合もあります。

ユダヤ人を批判したスラングの意味は、お金を貯めるのが上手で商売が上手であるということです。古くはヴェニスの商人が確かイスラエル人でした。ドイツ人を始め白人はイスラエルに対してあまり印象を持っていないような気がします。

しかしながらこれはできるだけ早く忘れるべきです。戦争が終結してから100年も経って、未だに恨みに思っていることは、健全な生活をすることに対して有害です。それよりは前向きな人生を歩むことが大切です。