瓶ビールの栓を栓抜きでトントン叩く行為の意味は?

諸説あるそうですが、一つは瓶ビールが普及し始めた当時は栓をする技術が未熟だった為、ちゃんと栓が出来ていなこともあり、そのため炭酸が抜けてしまっているものがあったようで確かめるためにトントン叩いていたようです。

二つ目は昔のビールは現代のように炭酸の量が均一でなく多いものもあったので開ける前に栓抜きで王冠を叩くことで炭酸料を確認していたようです。

三つ目に王冠の蓋を栓抜きでカンカン叩くとその振動が瓶の中のビールに伝わる事で、溶け込んでいた炭酸が泡となって浮き上がり、瓶の内圧が上がるので栓を抜いたときに景気の良い「ポンッ!」って音が出て泡立ちも良くなるという事から、それがいかにも美味しそうなビールのイメージになった事でトントン叩かれていたそうです。

その他では、真ん中を叩くと金属の栓のふちのシワみたいに喰らい付いている部分がほんの少し開いて、栓抜きがかかりやすく抜けやすくなるという事で栓抜きで蓋を叩いていたという話もあります。

スポンサーリンク

今はやめた方がいい習慣って本当?

 

瓶ビールの栓を栓抜きでトントン叩く行為は、今はやめた方がいい習慣です。

ビールは衝撃を与えてしまうと味が変化してしまう飲み物で、できるだけ振動や衝撃を与えないように扱ったほうが良いです。

現在では技術が向上していますので、栓が不十分なこともありませんし炭酸ガスの量が一定していないということもないので全く叩く必要がありません。逆に栓をコンコンと叩くことで生じる振動でビールの味が落ちてしまいます。

また、栓を叩いて振動を与えてしまうことで栓を開けた瞬間に泡が吹きこぼれてしてしまうおそれもあります。

なので今では瓶ビールの栓を叩くことは無意味な行為となりますので、やめた方がいい習慣です。