ダウンタウンが最近した漫才はどこで見れる?

「水曜日のダウンタウン」「ダウンタウンDX」「ガキの使いやあらへんで」などいくつもの看板番組を持つバラエティー番組のレギュラーとしての姿は皆さんご存じでしょう。

「明日があるさ」「WOW WAR TONIGHT時には起こせよムーヴメント」などの歌を歌っている歌手としての姿、覚えている方も多いのではないですか。

しかしながら、そもそもダウンタウンはお笑いコンビとして出てきたのです。

NSC大阪校の1期生となった彼ら、入学してわずか2か月で「素人名人会」名人賞を獲得します。

その1か月後には「えびすマンザイ新人コンクール」にて福笑い大賞を受賞しています。

そのままNSCの在学生としては異例の速さでの「なんば花月」への特別出演、お笑いの才能はかなりのものなのです。

「お笑いの歴史を変えた最強コンビ」「漫才に革命を起こしたコンビ」、それが彼らを表す言葉です。

「チンピラの立ち話」なんて横山やすしに酷評されながらも、新たな道を確立しました。

その後俳優として歌手に司会者・作家・映画監督とそれぞれにすばらしい才能を発揮していく中で、彼らは漫才をすることなくなったのです。

M1などむしろ判定する立場となってしまってますね。

そんな彼らの漫才、見てみたくはありませんか。

実はついに31年ぶりとなる新ネタを披露する場面がやってきています。

それが吉本興業創業110周年特別公演の「伝説の一日」。

正に伝説です。

大阪を拠点とする漫才師に落語家、さまざまなジャンルのあらゆる世代の吉本興業芸人たちが総出演することとなっています。

オンラインチケットよしもとにて2400円、31年の重みと出演者の豪華さを考えれば安すぎるお値段です。

コンビで、そして別々にさまざまな世界で活躍してきたダウンタウンの集大成として持ってきた新ネタ、今のお笑い界に爆弾を落とすこととなるのではないでしょうか。