NHKの首藤奈知子は顔が老けている?

丸い輪郭に広いおでこ・パッチリ大きな目や小さな鼻、など基本的に赤ちゃんが持っているような特徴を多く持つ方は「童顔」と言われ、年齢よりも若く幼く見られてしまいます。

若々しく見られるなんて羨ましいと普通の方は思われるでしょうが、実際に童顔を持ってしまうと大人っぽいファッションが似合わなかったりなめられたりと、その方々なりに何かと苦労も多いみたいです。

とはいえ、より大変なのは年齢よりも年上に見られる「老け顔」の女性でしょうか。

男性ならば貫禄があるというメリットもありますが、女性はいつまでも若く見られたいとお化粧をしたり頑張っているのです。

そもそもの顔立ちが老け要素をたくさん持っているなんて、不幸でしかありません。

NHKの首藤奈知子さんも可哀そうに、SNSで何かと「老けている」と叩かれていますね。

年齢42歳なのですが、10歳くらい上でも納得してしまいそうな顔立ちなのです。

もちろん捉え方は人それぞれ、「年齢相応なのでは」という声も少なくはありません。

NHKのアナウンサーとして採用されているのですから、きれいな顔立ちではあるのです。

美しい顔の方の整っている状態の方が、老けて見える傾向にあるのでしょうか。

それより何より、目の下部分に疲れが出ていると言われてます。

実際に疲労が溜まっているのかも、それも心配ですね。

NHKの顔となるわけですから、プロのメイクさんが付いて丁寧に整えられているでしょう。

それで隠せないほどの状態って、よっぽどだと思われます。

もっと華やかな色味の口紅を塗るだけでも印象が違ってきそうですが、NHKであり民放ではないからこその抑えた状態が年齢を加速させているようでもあります。

40代、まだまだこれからです。

これ以上老けた老けたと言われることなく、活躍していただきたいものです。