元NGT48の荻野由佳がホリプロから5月で退社!みんなの反応は?

昭和55年10月、山口百恵さんのファイナルコンサートが行われた日本武道館には1万人を超えるファンたちが詰めかけました。

すべての曲を歌い終えた彼女は、ステージの上にそっと静かにマイクを置いたのです。

「アイドルの引退」と言われてこの姿を思い浮かべる方も多いはず、一方で元NGT48メンバーだった荻野由香さんもホリプロを5月いっぱいで退社することを発表しています。

こちらは「卒業」というよりも実質「クビ」、「まだ需要があったんだ」とか「特に何とも思わない」など世間も冷たい反応の方が多いみたいです。

山口真帆さんのファンの場合は「やっといなくなってくれた」と喜んでるのかもしれません。

山口真帆さん、2018年12月に仕事からの帰宅途中に2人組の男たちから暴行を受けます。

激しい抵抗をしたため大事には至らず犯人らもタイホされるのですが、どうやらこの影には当時のNGT48メンバーらが絡んでいたのではと判明してからは大ごとになりました。

帰宅時間や部屋の場所、教えられてなければ男たちはこれほどまでに的確に彼女を襲うことができなかったはずなのです。

ただ結局、男たちは不起訴され釈放され運営側もまったく動くことはありませんでした。

きっと複数のメンバーらが関与していたからこそ、このような対応となってしまったのでしょう。

山口さんは失意のうちにやめることとなり、NGT48も著しいファン離れを起こすこととなったのです。

その事件の黒幕とも言われていた萩野さん、実際はどうあれ運営側ももう庇いきれなくなったのでしょう。

すでに9名ものメンバーが脱退・卒業しているNGT48、握手会もガラガラですしグループ自体の存続もむずかしいでしょうね。

今後も活動を続けて行きたいと考えているのであれば、残ったメンバーは誠心誠意ファンと向き合って信頼を取り戻すしかありません。