低身長女子ライダーがCBR1000RR納車当日に何度も立コケで批判も

低身長ライダーとして動画を投稿していたYouTuberが、納車当日から何度も立ちごけしてしまい話題になっています。

スポンサーリンク

話題になった理由は?

今回話題になっているのは、低身長ライダーとして活動していたYouTuberが、ホンダの人気シリーズである「CBR1000RR」を納車した当日に何度立ちごけしてしまったことで、コメント欄より多くの声が寄せられたことで話題になってしまいました。

動画の中では、合計3回立ちごけしてしまい、1回目はカー用品店の駐車場から行動に出るタイミング、そして2回目も同じ場面での転倒となってしまいました。

最後の3回目は、交差点で右折をしようとしたところ、立ちごけしてしまいました...........。

1回目では、右のミラーが取れてしまい、3回目にはなんとブレーキレバーが壊れてしまっていました。

動画からは、ショックを受けた様子がひしひしと伝わってきます....。

ほんとに残念で悔しいと思います.....。

結果として、バイクは半壊の状態になり、納車当日にも関わらずバイクは修理に出すことになってしまいました。

 

動画に寄せられた声

今回の動画に対して多くの声が寄せられていました。

当然、迷惑になってしまうこともあり、批判的な意見も多くあるようですが、一方で「身丈に合ったバイクを選ぶことが大切」という教訓を得られる動画であることや、「好きなバイクに乗れるように頑張ってください」といった応援をするコメントもあります。

https://twitter.com/W24Ld/status/1518549936127717376

引用:Twitter

https://twitter.com/Mimiri0726/status/1518436512601624576

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

色んな意見があると思いますが、今回の動画を見ると、観ていてヒヤヒヤしてしまうこと、他の方に迷惑であることは否めないでしょう。しかし、せっかく頑張って免許を取れたのですから、迷惑にならないように練習するところから始めるといいかもしれませんね!

 

低身長ライダー立ちごけのまとめ

今回の低身長ライダーの3回の立ちごけ動画には、多くの批判的な声が上がっています。

立ちごけ自体は経験されている方も多くいるようですが、しかし、動画の構成や周りの対応などにもコメントが殺到してしまう要素が重なってしまったことや、本人の認識の甘さがあったのかもしれませんね.....。

今回のことを踏まえて、バイクを嫌いにならずに努力し、上手に乗れるようになることが大切かもしれませんね。