自動車税をペイペイで決済出来る?ポイントの付与はある?

電気代や水道代・授業料に電話料金など毎月のように発生する公共料金を、まさかすべて銀行やコンビニエンスストアに振り込みに行ってはいませんよね。

クレジットカード払いにすることをおすすめします。

その分のポイントが貯まっていくので、1年間続けるとかなりの還元が期待できます。

家計が一元管理できるのもメリット、公共料金って支払いの期限日ってバラバラでしょう。

月末とか月の初頭とか、それぞれの支払いに合わせて都度銀行に行ったり家計簿に記したりって面倒ではありませんか。

ある程度のお金を入れておけば勝手に引き落とされて利用明細で1か月間でどれだけかかったか明白、カードの方が良いに決まっています。

公共料金の支払いだってクレジットカードの利用実績となりますから、万が一の場合の利用可能枠・キャッシング枠を引き上げることにもつながるのです。

とはいえ、毎度支払い遅延してしまうような方なら現金で目に見えて管理できる方がよいのかもしれません。

自治体によってはカード払いの対応をしていないところもあります。

そうでなければぜひお手続きください。

今どきは、インターネットで手軽に申し込めるところも多いですよ。

ところで、公共料金の支払いをペイペイでおこなっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

支払額の0.5パーセントが還元・ペイペイボーナスとして付与されるのです。

意外と金額の大きい自動車税もペイペイ対応しています。

ぜひ決済方法をペイペイに変えてみませんか。

とおすすめするのは2022年3月31日までです。

残念ながら自動車税のポイント付与は昨年のみのサービスでした。

現在は付与されないので、ご注意ください。

安心ポイントは多く付くでしょうし、すぐに納付できます。

ペイペイステップの達成条件にもカウントされるし、決してメリットがないわけではないものの昨年ほどの特典はなくなったのです。