Twitterで大きしょさんが謝罪文を出した理由や経緯は?

ユーチューバーやアフェリエイターという職業の方々、今は当たり前にいますね。

好きなゲームで遊んでその様子を中継したり、大好きな商品を紹介したりでお金稼ぎできるなんてうらやましい限りでしょう。

小学生のなりたい職業ランキングでも常に上位に上がるわけですが、誰もがSNSを通じて発信できる世の中となってるのですからライバルは星の数です。

その中で目立たないとならない・キラリと光る何かがないといけないわけで、継続的に魅力的なネタを発信し続ける必要があるのです。

思ってるよりもずっと大変なお仕事、プライベートな時間なんてなく常にネタ探しの毎日となります。

それでも皆さん、努力を続けてるわけでズルをしちゃダメですよね。

「大学生のきしょいストーリー・略して大きしょさん」はどうやら有名になるために黒い手をあれこれ使ってきたみたいで、それが皆にバレたからこそ謝罪文を出してるみたいです。

一つは「カスアーニャbot」さんに買収を持ち掛けた件、断られた腹いせに「クズアーニャbot」なる偽アカウントを作成してカスアーニャを引退へと追い込んでしまいます。

一つは「雑草」さんにどういう状況botの共同管理を持ち掛けた件、ログインした大きしょさんはパスワードを変更して雑草さんがログインできなくしてしまいます。

上島竜兵さんが亡くなられたと思ったら不謹慎ツイートを垂れ流しして金稼ぎ、炎上しそうになったからと「2ちゃん名言集」さんのサブアカウントになりすましてアンチ回避のために卑怯な手を使ってます。

他のアフィリエイターの方々のパクツイもさんざん繰り返してますし、倫理観ゼロですね。

一応は謝罪してますが形だけ、収まった頃にしれーっとでてきてまた繰り返すんでしょうね。

ステキなアフィリエイターさんも多数いる中で、こういう人もいるってことです。