なぜトップガンマーベリックのミッションではF18が使用された?

日本でも知らない方はいないであろう有名ハリウッドスターのトムクルーズ、彼の出世作となったのが「トップガン」です。

現在、「トップガンマーベリック」という作品が公開中ですね。

36年ぶりに帰ってきた、過去作品の続編です。

前作の登場人物らがそのままキャストとして登場することもあり、「トップガン」ファンとしては見ないわけにはいかないでしょう。

「トップガンマーベリック」を見て、改めて「トップガン」を見てみたいと思う方も多いはずです。

すばらしい作品に仕上がっているのです。

ところで、製作開始の告知画像にF18が映っていたことから公開前からすでに「なぜF18?」という声は多く挙がっていました。

第五世代戦闘機もあるのに、敢えて使われた理由はいくつか考えられます。

F18は複座、つまり2人乗りできるタイプがあるのです。

CG技術が発達している現在ですが、とにかく本物でやることにこだわったわけです。

トムクルーズら役者陣が乗っているのはいつも後部座席、役者としては優れていてもさすがに彼らだけで操縦をさせるわけにはいきません。

優秀なパイロットが乗りこむ場所は確保せねばならなかったのでしょう。

トップガンマーベリックの撮影が行われたのは2018年から19年のこと、当時はF-35は初期作戦能力しか獲得してませんでした。

実践使用されているのは描写的におかしいのではと考え、敢えて使用しなかったのかもしれません。

今もF-35Cって米海軍にほとんど配備されてないので、見る方がみると違和感を感じてたでしょうね。

F35ならではのステルス性能・電子機能が活かせないからといった説もあり、とにかくさまざまな理由からF18を使うことは決められたのです。

とはいえ映画を観ていると、ド迫力映像の数々になんでF18なのかなんて、まったく気にならなくなるはずです。