【LINEマンガ】「君の死を望んでいた」で皇帝が真実を知るのはいつ頃?

スマホを使ってるなら、きっとLINEを利用されているのではないですか?

 

新型コロナウイルス蔓延による自粛期間だって、仲良しグループでこれまでと変わらずやり取りできました。

 

暇つぶしにLINEマンガも活用してたのでは、もっと昔の携帯電話もないような時代に発生してたらと思うとゾッとしますね。

いまや漫画はタダで読む時代、LINEマンガでは毎日チケットなしで無料公開されている作品をいくつも読むことができます。

 

すでにダウンロード数は2300万人に達してるとか、LINEが運営元ですから安心感も抜群です。

ぜひおすすめします。

 

最近、マンガアプリで人気なのがお隣の韓国の作品です。

「君の死を望んでいた」もそうです。

 

原作となる小説はすでに完結し結末を迎えているのですが、日本で連載中の作品はまだこれから山場となってくるってときで皆さんヤキモキしながら読み進めていることでしょう。

「君の死を望んでいた」、タイトル通り強い憎しみを持っていた敵となる娘と結婚することとなった皇帝ですが皇后となった女性に対して次第に思ってもみなかった感情を持ち始めてしまうというのがこの作品のあらすじです。

 

憎しみの対極にあるはずの好きという感情、そこに至る経緯とかがこれから細かく表現されていくのでしょうね。

どうやらその娘は実は憎むべき相手ではないみたい、それでは彼が真実を知るのはいつの事となるのでしょう。

 

原作も「NAVER」で公開されています。

当然韓国語、とはいえ翻訳機能を使えば時に文章はおかしいかもしれませんがある程度の流れは読み取ることはできます。

 

きちんとした文章でしっかりと世界に浸りたいなら、もう少し待つしかありません。

真実が明らかになるのはまだまだ先、終盤に差し掛かってからのようです。

 

もうしばらくやきもきが続くみたいですよ。