【ネタバレ】ワンピースのイゾウや阿修羅の生死は?描写はあった?

「海賊王に俺はなる」

衣類のワンピース以上に有名になってるかもしれませんね。

マンガにアニメ、有名メーカーとコラボしてのCMなどでもお馴染みですから「ワンピース」は作品は見たことはなくともご存じの方は多いでしょう。

作者は尾田栄一郎さん、ついに最終章という中でそれに向けて1か月間休載することとなり「早く続きを読みたい」、けれども「終わってほしくない」とファンの方たちの心はいま複雑なはずです。

超新星星編・新世界編と続き現在は四皇編となっているのですが、四皇の海賊エドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団16番隊隊長であるイゾウがどうなったか、皆さん気になっています。

何しろ最終章に向けてどんどん死にまくっていて、誰がどうやって死んだかとかもごちゃごちゃ状態。

それっぽくは描かれているものの直接的な死亡確定の描写はなし、ですから疑問に思われても当然ですね。

阿修羅と相打ちとなったんじゃないでしょうか。

もしかしたら「実は生きてた」なんてこともあり得ますよね。

死んだと思われてた人物が再登場、そういった演出はワンピースでは過去にもありました。

菊之丞もあまり悲しんでるようにみえない。

遺体とかお墓が出てくるまでは確定されることはありません。

もしも本当に死んでたなら、次回以降に墓前でお参りする描写が出てきますよ。

新たな懸賞額の披露がされる中で、世界中の関係者の反応について描かれた際にイゾウについても触れられるかもしれません。

それまではしょうがないですが、モヤモヤを抱えたままとなります。

阿修羅だって、大爆発はしたけれどペルのことを考えたら生きてる可能性は十分にありえます。

地獄から追い返されて復活なんてパターンも、ジャンプマンガあるあるだったりします。