キンプリ岸優太の実兄・岸大貴がPCR検査詐欺で音信不通で逮捕?

ジャニーズ事務所所属のKing&Prince (キンプリ)のリーダー岸優太さん(26)の兄、岸大貴氏(28)が虚偽のPCR検査で業務停止処分を受けていたことが6月16日発売の週刊文春で報じられることがわかりました。

 

キンプリはデビュー前後から「ポスト嵐」としてジャニーズ事務所から期待をされ、それに応えるようにジャニーズの若手グループの中でも幅広く活動をしています。

 

キンプリ・リーダーの岸優太さんは、その天然キャラから『ザ!鉄腕!DASH』(日本テレビ系)や『VS魂』(フジテレビ系)などのバラエティ番組に引っ張りだこです。ジャニーズの先輩後輩のみならず、芸能界のみんなからも慕われています。

 

兄の大貴氏もアイドルを目指していましたが、夢破れ、数年前に神奈川県にガールズバーをオーブン。また、2021年8月には遺品整理やブランド品の売買をする「K」という会社を立ち上げました。

 

「今年の3月から自治体の補助金が投入されるPCR検査事業に乗り出したそう。横浜市の黄金町に設けられた無料検査場では1日60人以上検査に来るひとがいました。1人につき補助金は1万1000円、60人だったら1日60万円超えの補助金を支給されるといいます。」

 

しかし、大貴氏が運営していた検査場には、約2000万円の補助金が支給されるはずでしたが、

 

実際には支払われませんでした。県からの検査場の虚偽申請を指摘され、登録を取り消されてしまったそうです。

 

虚偽申請したのは、大貴氏ではなく「代表者」として動いたK氏。また資金集めをしていたのは、積水ハウスを巡る地面師事件で逮捕されたXでした。

 

K氏はキンプリの岸さんのお兄ちゃんがやってくれてる、と語っていたようですが、大貴氏は「キンプリ兄」として広告を担っていたのでしょう。当然、「岸優太」も利用されてしまいました。

 

大貴氏は検査場をジャニヲタの聖地にしたかったようですが、それはやはり弟の「岸優太」を利用してビジネスをしたことになります。有名人の親類がたまに起こすトラブル、というのはありますが、知らないうちに巻き込まれてしまった、何も罪がない岸優太くんも、とんだとばっちりを受けてしまったようです。