人気同人ゲーム「夢を確かめる」ヤフオク落札後、炎上?!

 

2010年発売の同人ゲーム「夢を確かめる」がヤフーオークションで20万円のプレミアム価格で落札。そのことを知った作者が10年ぶりにTwitterに浮上し、再販の可能性をめぐり、落札者と作者間のやり取りが炎上しているというものです。

 

詳しく経緯を見ていきましょう。

 

2010年発売「夢を確かめる」のゲームがプレミア価格(20万円)で落札される。

価格高騰を知った作者が10年ぶりにTwitterに姿を現し、今どの程度需要があるのか把握したい、と再販の可能性を示唆する。

落札した人は、「20万で買った自分が損をした気分になるから、再販はしないでほしい」と希望。

10年ぶりに浮上した途端、お金の話ばかりで、作者は落胆する。

 

このようなやり取りに対し、周りの反応は

 

「勝手にオークションで買っておいて、作者に文句言いに行くのほんま草」

「まぁ両者の言い分どっちもわかるなぁ」

「むしろ再販されて作品が再評価されたら将来20万以上の値打ちになるプレミアアイテムになるのでは?」

 

など、反応は様々なようです。

 

再販を望む声が多いようにも感じましたが、作者の胸の内は複雑なのではないでしょうか?

 

現在、作者と落札者のTwitterは鍵垢になっているようです。