【文春砲】新野りなさん(23)「ホストにハマって一晩で70万円」→危険な「SNSモデル」に?

6月5日に茨城県常陸太田市の別荘で東京都文京区に住む新野りな(23)さんに手錠をかけて監禁したとして、警視庁捜査第一課に逮捕された、神奈川県南足柄市の会社員・三瓶博幸容疑者(33)の事件について文春砲が出ました。

 

新野さんは「SNSモデル」として、ネット上で知り合った顧客から金銭を受け取り、写真や動画の撮影に応じるといった活動を行っていました。

三瓶容疑者ともSNSを通じて知り合っています。

別荘という密室の中で10歳も歳が離れていた2人の間で一体何が行われていたのか…

新野りなさんが高校卒業後、直接会ってはいないがSNS上では最近の新野さんの投稿から近況を知る、知人によると、

「進学した専門学校を辞めてすぐ、二十歳くらいから新宿・歌舞伎町に引っ越し、猫を飼い始めたそう。

ホストの彼氏らしい人物と一緒に暮らし始めて、猫を抱いてる彼氏らしき人物を斜め後ろからうつした写真をインスタグラムにアップしていたようです。その人物のことは、『担当』と呼ばれていたとのことです。

新野さんのインスタグラムを見ると、かなりの頻度でホストクラブに行っていて、シャンパンタワーを立てているところやレシートの写真と一緒に、『今日は〇円使った』といったような内容のインスタグラムの投稿を上げていたそうです。レシートは一度見ただけだけど、確か70万円以上は使っていたようでした。」

という話を聞くことができました。

新野さんは「SNSモデル」としてネット上で活動をしていたところを三瓶容疑者という危険な人物によって、監禁されてしまったという、新たな職業から生まれる危険性に遭遇してしまったのではないでしょうか。