瞳瞳ってどういう意味?

漢字って難しいですね。

「目・眼・瞳」、同じパーツを表す言葉なのでは、ちゃんと使い分けはできますか。

まったく同じではなく、実は少しずつ意味が違っているのです。

目というのは顔のパーツとしての「目」、眼球もまぶたも目頭も目尻も、すべて含んで「目」です。

一方で眼球のみを表すのが「眼」、医学とか生物学など専門分野に使われることが多いですね。

そういえばメガネも眼鏡です。

ガラス部分が覆っているのは全体ですが、何しろ眼球の視覚機能を矯正するためのものです。

「瞳」とは本来は黒目の部分・瞳孔を指す言葉でした。

ですが歌詞や小説などで使われるようになって、目の印象とか目線を言い表す言葉になっていますね。

「瞳」っていう方が「目」よりもなんだかロマンチックな雰囲気、情感もこもって見えるので詩的な文章にピッタリなのです。

ところで「瞳瞳」と重ねるとどういう意味になるのでしょう。

この場合の「瞳」は「童」に置きかえた方がよさそう。

つまり「童童」ってことです。

目とか眼とかとはまったく関係ないようです。

実は意味としては、「木が茂り覆っている様・木に枝がない様・清らかに光っている様」と3種類あるのです。

そのどれに当てはまるかは、前後の文章を見て推測しましょう。

日本だと「瞳瞳」にしろ「童童」にしても見たことはない方の方が大半のはずです。

漢詩に詳しい方だとご存じかもしれませんね。

王安石の「元旦」という漢詩に出てくるのです。

「千門万戸 瞳瞳日」という一文です。

「千門万戸」とは文字を見てイメージされたであろうそのまま、「非常に多くの家」という意味となります。

そして「瞳瞳日」、「とうとうたる日」と言う風に読みましょう。

「朝日が清らかに光っている」と訳すことができます。

「童童」の3つ目の意味が活用されていますね。