いま話題のFGBB(ファイバーゲート)の通信障害の予想ギモン点!?

現在、大いに話題になっているFGBB(ファイバーゲート)の通信障害について触れていきたいと思います。

FGBBの通信障害の原因となっているのは、どのような予想が挙げられるでしょうか。

ネット上では、「FGBB側は通信障害は『過剰な通信』として扱っていますが、具体的にはどのようなものが予想できますか?また通信障害の発生から24時間経っていますが、法令に違反していないですか?この通信障害の具体的な予想とされる次の3個について知りたいです。」というひとの声もありました。

具体的な予想としては、

①過剰な通信の具体的な予想

②24時間経っても復旧しない原因の予想

③24時間、インターネットサービスを利用できない場合は法令に触れないか?

というギモン点が挙げられています。

 

これらのギモン点に対する意見として、次のような声がありました。

①過剰な通信の具体的な予想

「通常使われているようなキャリアネットワークの大規模なトラブルとしては、機材のメンテナンスや交換などが行われます。それで切断しないように別回線に切り替える信号を発する→通常であればそれで切り替えられ、その後ゆっくりと復旧していく→しかし、何かの拍子で逆の切り替えが行われてしまうなどのトラブルが起きているパターンかと思っていました。今回もそのようなことなのかな?と考えていましたが、FGBB側の説明では、『ユーザーがたくさんのデータを使った』や、『それがたくさんありすぎてトラブルになっている?」という公式のコメント、『挙句上位のプロバイダに切られた』などとFGBBからは発表されています。そのような原因でこのようなことになるのか?という印象を受けました。」と話すひとの声も聞かれています。

②24時間経っても復旧しない原因の予想

回線が切られてるというなら本当でしょう

③24時間、インターネットサービスを利用できない場合は法令に触れないか

「この間起きた、AUの大規模通信障害のようにAU側は賠償をきちんとしましたが、FGBBはお金を払いたくないような印象で、24時間以内で一部復旧という形をとって3~7日後に完全復旧ということになるのでは?」

という予想を述べる、ネット上で話題になっているFGBBの賠償責任に対して苦言を呈するひとの声も聞かれています。