青地に波打つ「m」のロゴマークがおなじみのスーパー「万代」。

大阪府を中心に奈良県、兵庫県、京都府、三重県の23県に約150店を展開する地域密着型のスーパーです。

大手スーパーには置いていないようなマニアックな商品が数多く並ぶ、豊富なラインナップが何よりの魅力です。

また、毎月1日に開催される「マンダイ 月の市」では食料品から日用品まで、さまざまな商品をお得な価格で購入でき、朝からお客さんで賑わいます。

そんな便利な万代ゆえ、普段からメインのスーパーとして使っている家庭も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、生活に欠かせないスーパー万代の、年末年始の営業時間や休業日、混雑状況について調べてみました。

 

スポンサーリンク

年末年始営業時間・休業日

 万代は例年、年末年始に営業時間が変わります。

また、全店共通の休業日もあります。

普段から万代を利用されている方は、年末年始には注意が必要です。

 

以下に、年末年始の営業時間・休業日情報をまとめました。

万代の2023の営業時間やお休みは?

判明次第追記します

万代の2022の営業時間やお休みは?

12月31日(金)は、下記店舗を除き全店21:00に閉店
※ 寝屋川西店・萱島店については20:50閉店

1月1日(土)から3日(月)は全店休業

1月4日(火)は朝9:00より全店営業

2022年度については、寝屋川西店・萱島店の大晦日の閉店時間が、他店と違い10分早めになっていました。

また、1/11/3、正月三が日は全店が休業でした。

近くの店舗の営業時間を確認してから買い物に出かけするようにしましょう。

 

年末年始の混雑状況

2023年度についても、例年通り1/11/3までの3日間は全店が休業すると予想されます。

そのため、休業日前の12/31と休業日明けの1/4は、かなり混雑すると考えられます。

特に、大晦日12/31は、年始を家でゆっくり過ごしたい多くの人が、買いだめに訪れ終日混雑する可能性が高いです。

時間に余裕をもった来店を心がけましょう。

 

まとめ

万代は例年、年末年始に休業日があり、営業時間も一部変更されます。

詳細は店舗によって異なるため、買い物に出かける前にしっかり確認するのがおすすめです。

また、休業日前後はかなりの混雑が予想されます。

場合によっては、欲しい商品が品切れになることもありえます。

年末年始の買い物は避け、計画的に早めに買い物を済ましておくと安心です。

 

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。