全国に500店以上、さらには8カ国で50店舗以上を展開している日本が誇るスイーツ店「シャトレーゼ」。

洋菓子を中心としながら、和菓子からパンやピザ、一部店舗ではワインまで取り揃えた豊富なラインナップとリーズナブルな価格が魅力の大人気店です。

なお、シャトレーゼという名は、フランス語の城「シャトー (Château)」 とブドウ「レザン (Raisins)」 を合わせた造語で、「ぶどうの城」という意味があるそうです。

そこでここでは、そんなみんなが大好きなシャトレーゼの、年末年始の営業時間や休業日、混雑状況について調べてみました。

 

スポンサーリンク

年末年始営業時間・休業日

シャトレーゼでは例年、年末年始12月31日から1月3日の期間中は、一部店舗が休業あるいは営業時間が短縮されます。

なお、各店舗の営業時間詳細は、毎年クリスマス明けあたりを目安にHP上に掲載される「年末年始の店舗営業時間変更一覧」から確認できます

ただし、一覧はあくまで予定ゆえ、場合によっては営業日や時間が急遽変更される可能性もゼロではありません。

年末年始にシャトレーゼの利用を予定している人は、店舗に直接電話で確認するのがおすすめです。

 

シャトレーゼの2023の営業時間やお休みは?

判明次第追記します。

シャトレーゼの2022の営業時間やお休みは?

店舗ごとに設定。
各店舗の営業時間・休業日は、公式HPから確認できます。

 

年末年始の混雑状況

シャトレーゼの多くの店舗は、年末年始も休業日なしで、時短営業に変更されることが多いです。

一方で、営業している店舗が少ない中、人が集まることが多いお正月は、ケーキへの需要が高まる日でもあります。

そのため、1月1日を中心に、年末年始のシャトレーゼは終日かなり混雑すると予想されます。

午後の訪問の場合、欲しい商品が品切れている可能性もあります。

計画的な来店を心がけましょう。

また、日常使いをする人が多いシャトレーゼゆえ、休業日を設けている店舗については最終営業日と休み明けは終日かなりの混みあうと考えられます。

時間に余裕をもった来店がおすすめです。

 

まとめ

シャトレーゼの年末年始の営業時間・休業日は店舗ごとに違います。

その詳細は例年公式HP上で確認できます。

また、休業日を設けない店舗が多いものの、11日営業している場合終日混雑が予想されます。

一方で、休業日がある店舗については、最終営業日と休み明けは終日混雑する可能性が高いです。

計画的な利用を心がけましょう。

 

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。