株式会社ゼンショーが運営する日本を代表する牛丼チェーン店「すき家」。

牛丼チェーン店の中では、現在国内最多の店舗数を誇ります。

また、47都道府県にとどまらず、中国やブラジルなどの海外にも店舗を展開しています。

そんなすき家の名は「すき焼き」に由来しており、すき家の名物である牛丼は、すき焼きの元祖と言われる牛鍋風の味付けを採用。多くの人に愛されています。

そこでここでは、みんな大好きすき家の、年末年始の営業時間や休業日、混雑状況について調べてみました。

 

スポンサーリンク

年末年始営業時間・休業日

すき家は基本、年中無休・24時間営業です。

これは、年末年始も同じです。

そのため、多くのすき家は年末年始も通常通りに営業しています。

閉まる店舗が多い年末年始の通常営業は、心強いですね。

ただ、店舗によっては休業日や営業時間が変更されることもあります。

営業日や時間に変更がある場合、クリスマス明け、年末近くになると店舗にお知らせが貼り出されます。

年末年始にすき家の利用を予定している人は、事前に店舗で確認するのがおすすめです。

 

すき家の2023の営業時間やお休みは?

判明次第追記します。

すき家の2022の営業時間やお休みは?

通常通り営業。
ただし、一部店舗は休業あるいは時短営業に変更。

 

年末年始の混雑状況

すき家の多くの店舗が例年、年末年始も休業日なしで通常通り営業しています。

ただ、多くの店舗が休む年末年始については、昼や夜を中心に、かなりの混雑が予想されます。

待ちたくない人は、混み合う昼時や夜を避けた時間に利用しましょう。

また、一部店舗は休業日があったり、時短営業に変更されることもあります。

その詳細は店頭で確認できることが多いですが、電話での問い合わせも可能です。

ただ、年末年始営業している場合、かなりの混雑が予想されます。

スタッフの人数が減っていることも多いので、年末年始の電話での問い合わせはスタッフに負担をかけてしまいます。

できれば事前に営業時間の確認を行うようにしましょう。

なお、すき家のサイトでその日時に持ち帰りの予約を出来るなら、営業している可能性が高いです。

逆に予約できないなら休みと考えられるので、そちらを活用するのもおすすめです。

 

まとめ

すき家の多くの店舗は、年末年始も年中無休で営業しています。

ただ、その分年末年始のすき家はご飯の時間帯を中心に、いつも以上に混み合うことが多いです。

時間に余裕をもった来店を心がけましょう。

 

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。