「福祉に繋がることができますよ」郡司構文の元ネタは?

そもそもは長崎県の民放で記者をしていた郡司真子さん、とにかく言動が強烈ということでSNSの世界で話題となっていますね。

彼女が強く主張するのがジェンダー問題です。

男女平等は建前で、現代社会でも女性が男性と全く同等の立場を手に入れているとは言えません。

不遇な扱いを受けている世の女性を擁護しようという、そんな発言が多数見受けられます。

いわゆるツイフェミ。

すばらしい主張ですよ。

ただ彼女の場合、あまりに表現も厳し過ぎアンチフェミ疑惑も出ているほどです。

「福祉に繋がることができますよ」の元ネタってご存じですか。

これはAV新法の話題について語った時のものです。

「AVのお仕事が減って仕事に困っている方は、福祉に繋がることができます」とツイートしたのです。

性搾取の被害者であるAV女優たち、そんな賤しい仕事なんてすぐにやめて転職すべきといった感じの言葉です。

擁護すると言いつつも、AV女優に対してなんとも上から目線じゃあありませんか。

世の中にはさまざまなお仕事がありますが、彼女の目から見れば「やりたくてやってる人なんていない。道徳的でなくとにかく賤しい職業」といった風に見えているってことなのでしょう。

そんなテンプレートに沿って書かれた構文、それが郡司構文です。

回り中に敵を作りやすいそんな彼女ですが、意外と小心者みたいです。

ちまたでは「ブロックの女王」といった異名もあるとか。

批判を受けるやいなや、すぐにもその相手をブロックしまくっているようです。

かつて記者をされてた時に警察担当でお仕事をしていたようですが、警察幹部から性被害を受けたとか。

でも相談した上司も助けてくれず、うやむやにされてしまいました。

心も体も疲れ果て、放送局をやめてしまいます。

その当時の経験も彼女の現在の過激な発言に繋がっているのでしょうね。