「消費生活協同組合」、通称「生協」の名で親しまれている「コープ」。

コープの特徴は、みんなで利用し運営しながら暮らしの質を良くできる消費者自身の組織、という点にあります。

営利を目的とした事業活動体ではありません。

会員がひとりひとり出資する形で構成された、商品者本位の商品づくりが徹底されているほかにはない団体こそが、コープです。

その点に魅力を感じ、生活用品ほとんどをコープで買い揃えているという方も会員の中には多いことでしょう。

コープでしか買えない商品も多く、魅力的なラインナップは見ているだけで楽しいですよね。

そこでここでは、そんな多くの人の生活を支える「コープ」の、年末年始の営業時間や休業日、混雑状況について調べてみました。

 

スポンサーリンク

年末年始営業時間・休業日

コープの年末年始の営業時間・休業日は、例年店舗によって異なります。

ただ、コープについては1月1日が、ミニコープについては1月1日と2日が休業となることがほとんどです。

また、12月28日から1月3日にかけては、営業している場合についても多くの店舗が時短営業に変更されます。

店舗ごとに異なるその詳細は、公式ホームページや店頭に掲示されるお知らせから確認できます

年末年始にコープの利用を予定している人は、事前に確認しておきましょう。

コープの2023の営業時間やお休みは?

判明次第追記します。

コープの2022の営業時間やお休みは?

店舗ごとに設定。
コープでは1月1日、ミニコープでは1月1日と2日、多くの店舗で休業。
詳細は店頭のお知らせや公式ホームページ上の店舗情報から確認できます。

 

年末年始の混雑状況

コープの多くの店舗が、年末年始に休業日を設けます。

また、年末年始数日間は、時短営業に変更されることが多いです。

そのため、年末年始のコープは終日、いつも以上に混み合います

さらに、年末年始は仕入先の業者の営業状況によって、品揃えが通常と異なる点には注意が必要です。

年末年始に必要なものは、早めの購入を心がけましょう。

また、年末年始のコープ来店時は、時間に余裕をもった来店がおすすめです。

 

まとめ

コープの年末年始の営業時間・休業日は店舗ごとに設定されます。

ただ、多くの場合コープは11日が、ミニコープは11日と2日が休業となります。

そのため、年末年始のコープ営業日は、例年通常以上に混み合います。

計画的な来店を心がけましょう。

 

最後までご覧いただきどうもありがとうございました。