YouTubeの上級者向け機能とは?解放条件は何?

今や老若男女問わず利用されているYouTubeですが、一部の選ばれにしか使うことのできない機能というのが存在しているのってご存じですか。

対象となるのはチャンネル登録者数1000人以上のユーチューバーさんのみ、だったものの2021年10月より500人に変更されたのでかなりハードルが下がっています。

まあそれでも、クリアできるのは一部の人間に限られるでしょうが。

もしもクリアできれば、コミュニティ解放となりますよ。

気になる方は挑戦してみてはどうでしょう。

でもYouTube上級者になったとして、何が起こるのでしょう。

LINEのタイムラインみたいに、YouTubeで文字や写真・動画・投票の投稿ができるようになるのです。

500人以上いる視聴してくれている皆さんに、アンケートが取ってみたいななんて時はありませんか。

動画投稿サービスであるYouTubeには必要ない?

いえいえ、意外と役立ちますよ。

目玉となるのはコミュニティ解放ですが、他にもさまざまな上級者向け機能というのがあります。

詳しくはYouTubestudioのパソコンサイトの設定より、「チャンネル→機能の利用資格」で辿って行ってみてください。

一覧が表示されていて、より詳しくどういったことができるかが分かるようになってますよ。

例えば、動画説明欄の外部リンクを青字にすることができたり、ライブ配信の埋め込みとか、Content IDの再審査請求ができます。

動画の1日当たりのアップロード数の上限も引き上げられますよ。

ちなみに、500人に達成していない方であっても、アカウントの確認が済んでいる身元確かな方で、ある程度の期間を通じてYouTubeとかGoogleでそれなりの量の活動を続けてきており、チャンネル履歴も良好で十分あると見なされた方は少し早めに解放されるみたいですね。

500人というのは、あくまで目安の量みたいです。