島根県松江市で立正大淞南高生徒らから91名が感染しクラスターに!SNSの反応は?【コロナ報道情報まとめ】

松江市は9日、新たに新型コロナウイルスの感染者を91人確認したと明らかにしました。

2人の濃厚接触者関連で、9日夜までに149件のPCR検査を実施し、うち91人が陽性だったそうです。

報道によると、10代の男子学生の感染者は私立の立正大淞南高の生徒とのことです。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

島根県松江市にてコロナのクラスターが判明!

 

 

島根県松江市では9日、新たに新型コロナウイルスの感染者を91人確認したと明らかにしました。

クラスター(感染者集団)の発生とみられるとの見解を示しました。

島根県内での感染確認は、計122人となった。

また松江市内での感染確認は5月2日以来、約3カ月ぶりで、市内で確認された感染者は計19人となった。

 

この91人には、10代男子生徒の関係者に加えて、8日に感染が確認された市内在住の70代男性の関係者も含まれます。

 

2人の関係者で、9日夜までに149件のPCR検査を実施し、うち91人が陽性だったそうです。

スポンサーリンク

濃厚接触者のグループとはいえ、61%の陽性率は衝撃的ですね。

更なる感染がないことを願います。

 

市によると2人は親族同士ではなく、いずれも感染経路はわかっていないそうです。

市は2人の行動歴を調べ、接触者に対し幅広く検査を実施したいとしている

 

 

8日に感染が確認された10代男子生徒とその関係者

8日に私立の立正大淞南高(同市)の10代男子生徒の感染が確認されたのを受け、

同校の生徒や教諭たちのPCR検査を進めていました。

 

男子生徒は県内30例目であり、5日に38度台の発熱を訴え、

7日には味覚と嗅覚の障害が出たため、学校医から保健所に相談があった。

8日に喉の痛みも訴え、PCR検査で陽性が判明したという。

軽症で9日に医療機関に入院を予定している。

 

また立正大淞南高によると、保健所の指導で、教職員全員と、生徒の一部がPCR検査を受けている。

教職員は自宅待機をしている。

 

7日に終業式で、現在は夏季休業中という。

 

8日に感染が確認された市内在住の70代男性の関係者

県内31例目は松江市在住の70代男性。

 

6日に37度台の発熱・咳の症状があり、医療機関Aを受診。

7日は38度台の発熱に加え、咳・たんの症状があり医療機関Bを受診。

8日にPCR検査を実施し陽性が判明した。軽症で9日入院予定。

 

市はこの高齢男性について高齢者福祉施設の利用や仕事を含めた出入りはないとしている。

 

SNSの反応は?

 

 

 

スポンサーリンク